恵比寿メンズエステ『クシェルスパ』 泣きたい夜にひらく古い宝石箱……少年のままでいればオイタも叱られない

おティンティンのお毛毛がちゅるちゅるの頃のお話 チバなのにトーキョー的なネズミ王国のお化け屋敷に、僕たち少年3人組は向かいました まだオープンして間もないネズミ … “恵比寿メンズエステ『クシェルスパ』 泣きたい夜にひらく古い宝石箱……少年のままでいればオイタも叱られない”の続きを読む

新橋メンズエステ『白いばら』 薔薇は薔薇は気高く咲いて、薔薇は薔薇は美しくチルチルミチル

黒いリクルートスーツを着た女の子が、エスカレーターで電話をしていました 「マジさ~、やっとって感じでさ~」 見るからに、この1週間ガンバった新入社員 学生気分が … “新橋メンズエステ『白いばら』 薔薇は薔薇は気高く咲いて、薔薇は薔薇は美しくチルチルミチル”の続きを読む

新宿メンズエステ『ルアウド』 ピアノを奏でるようなフェザータッチのセラピストさんは、ウィーンに留学していたピアニストかもしれませぬ

ジョナサンでランチを食べていると、30代の営業マンが2人入ってきた 2人とも関西弁だ 取引先同士のようで、最初は仕事の話をしていた なんの部品だ? レンズ? 望 … “新宿メンズエステ『ルアウド』 ピアノを奏でるようなフェザータッチのセラピストさんは、ウィーンに留学していたピアニストかもしれませぬ”の続きを読む

五反田メンズエステ『アロマアミティ』 淡き光立つ俄雨、いとし面影の沈丁花、溢るる涙の蕾からひとつひとつ香り始める二酸化マンガン

歌麿チルドレンたちが挙ってレポしているお店 別に行くことないかと思いつつも、同志が強く気にしていたので、ついついホームページをみてしまいました 出勤をみると、大 … “五反田メンズエステ『アロマアミティ』 淡き光立つ俄雨、いとし面影の沈丁花、溢るる涙の蕾からひとつひとつ香り始める二酸化マンガン”の続きを読む

赤羽メンズエステ『ソラシア』ウヒョッ! 東京都北区赤羽を読みながらフラフラしていたら、結局ハシゴしてしまったニュータイプ

山田孝之も好きな赤羽   「ウヒョッ!  東京都北区赤羽」というマンガからテレビドラマになった時、嬉しすぎて毎週観てしまいました   あの脱 … “赤羽メンズエステ『ソラシア』ウヒョッ! 東京都北区赤羽を読みながらフラフラしていたら、結局ハシゴしてしまったニュータイプ”の続きを読む

赤羽メンズエステ『アロマバルス』其の弐 ガッチャマンのベルクカッツェを見ていると、近所のおばさんを思い出してしまうのだっふんだぁ

気になるセラピさんがいいタイミングで出勤していました   前回はタイミングが合わずでしたので、ここはソッコーでお電話リンリン   すると空い … “赤羽メンズエステ『アロマバルス』其の弐 ガッチャマンのベルクカッツェを見ていると、近所のおばさんを思い出してしまうのだっふんだぁ”の続きを読む

秋葉原メンズエステ『アロマアムール 』其の弐 人を愛するということを教えてくれたのは、芸人のレインボーでありましたの巻

可愛い女の子に逢いたい   こんな純粋な気持ちはいつ以来だろう   助平の螺旋をグルグルまわり、泥水にどっぷり浸かっている僕のもとへ、一輪の … “秋葉原メンズエステ『アロマアムール 』其の弐 人を愛するということを教えてくれたのは、芸人のレインボーでありましたの巻”の続きを読む

飯田橋メンズエステ『我流』ワンルームのお部屋で習得したオレ流のバットは、今日も3打数0安打であった

神主打法で三冠王を3度獲得した落合のバッティングフォームをYouTubeで研究し、バッティングセンターで試してみる   小学生の頃、落合のスイングはア … “飯田橋メンズエステ『我流』ワンルームのお部屋で習得したオレ流のバットは、今日も3打数0安打であった”の続きを読む

大宮メンズエステ『アイビス』絶滅しそうなエステブロガーを繁殖させて、このニッポンを世界に誇れるエステ大国にしようかどうか迷っていたので、とりあえず埼玉に向かいました

この世知辛い世の中   物事には断然スピード、スムーズさというのが必要   知りたい情報をさっと手に入れる   走るように生きない … “大宮メンズエステ『アイビス』絶滅しそうなエステブロガーを繁殖させて、このニッポンを世界に誇れるエステ大国にしようかどうか迷っていたので、とりあえず埼玉に向かいました”の続きを読む

西船橋アロマエステ『アイリス』通りに雨は降りしきり、家々のこしいたふるい…もろもろの愚弄の眼は淑やかとなり、わたくしは花弁の夢をみながら目を覚ます

以前、侍プリンなるものを発見しました   西船の駅だったか   プリンにも侍があるのか   三船敏郎みたいなプリンか   … “西船橋アロマエステ『アイリス』通りに雨は降りしきり、家々のこしいたふるい…もろもろの愚弄の眼は淑やかとなり、わたくしは花弁の夢をみながら目を覚ます”の続きを読む