錦糸町 『レジェンド』まだまだ俺達、伝説になんかなんねーぞ!と言った次の日に伝説になった伝説

新世界を探し続けて早10余年

 

ウィキペディアで「ドライオーガズム」を調べた後、錦糸町に降り立ちました

 

新たな伝説はここから生まれるかもしれません
ドライオーガズムとは…

 

男性における射精を伴わない性的興奮の絶頂(オーガズム)のことである

 

ドライオルガズムあるいはドライオルガスムス、或いはメスイキとも言う

 

健常男性が前立腺刺激などによって、射精を伴わないドライオーガズムに達する

 

これはパートナーに刺激されてもあるいは自慰によっても達することができる

 

射精を伴わない結果として何度もオーガズムに達することができることや(マルチプルオーガズム)、ペニスだけではなくより広範囲の性感帯を、時には全身を快感が襲うことから、女性が経験するオーガズムに類似の生理現象と考えられている

 

これに対して射精を伴うオーガズムを「ウェット(濡れた)オーガズム」ということもある

 

なるほど
そういうことなのね

 

どうやらここのお店は、この「ドライオーガズム」をウリにしているらしいス

 

新大陸を発見したコロンブスのように部屋で待っているとR嬢が登場

 

揉みやすそうなOPIを搭載し、ERERオーラ満載のERっぽい口元は今まで何本もの卑猥な棒をくわえてきたに違いない

 

90分22K

 

シャワーを浴びている間にベドルウムの準備やなんやらかんやらをするようだ

 

巨NEWの時は早いシャワーをちゃっちゃと浴び、お部屋へ戻りうつぶせーナ

 

「まずはパウダーいきますね♪」

 

サラサラとふりかけられ、定番のフェザータッチってやつです

 

サワサワサワ

 

パタパタパタ

 

サワサワサワ

 

パタパタパタ

 

R嬢の柔らかいお手手が背中から腰からOK2から、皮膚レベルで刺激してくれる

 

専門家によれば、このサワサワだけでもリンパは流れるらしい

 

人間のカラダって不思議ですわ

 

相変わらず、このパウダーというものは…

 

それほどでもないのだ

 

しかしR嬢が可愛いので、洋モノのAV嬢のように
「オォ~…イェス!オォ~…イェス!」やら
「ア~…シ~…ア~…シ~…」
とクネクネ悶えてみた

 

「気持ちいいのぉ?」
と聞かれたので
「ソーニューしてニュポニュポしたい~…ア~…シ~…ア~…シ~…」
と言ってみた

 

ウフフ、と笑いながらヌルヌルのローソン開始

 

肩から背中からヌルヌルヌルヌル

 

脚から裏コマネチからヌルヌルヌルヌル

 

OK2をいっぱいOPIヌルヌルヌルヌル

 

「でわぁ、横向きになってくださぁい」

 

半BKの歌麿様が横を向くと、重力に引っ張られて少しだけ下がる

 

たっぷりのローソンをケツメドに塗りたくり、後ろから前へアンダースローのように切り込んでくる

 

明訓高校の里中くんもビックリだ

 

重力に引っ張られていた歌麿様は、ロケットのようになり、いまにも飛び出しそうな硬直具合

 

「溜まってたんですかぁ?」

 

可愛い顔をしてERいことを言う

 

だから、そんなERい口元になるのか

 

こんな子がベッドの中で1番豹変するのだ

 

「でわぁ、そろそろ仰向けでぇ」

 

またたっぷりのローソンを手にし、完全FBKしている歌麿様に塗りたくる

 

その延長でケツメド付近にも塗りたくり
「ちょっと挑戦してみますぅ?」
とイタズラな顔をした

 

挑戦とは?

 

そう

 

ドゥラァイ・オルガズムゥ

 

ケツメドのお菊さんを柔らかくするため、優しくいじり始めるR嬢

 

「いいんですよぉ~大丈夫ですよぉ~」

 

不機嫌なヒヨコをなだめるように優しく声をかけてくれた

 

「いいの~いいの~、大丈夫ですよぉ~大丈夫ですよぉ~」

 

若干、ムツゴロウさんも憑依している

 

R嬢にとって殿方の股ぐらは、小動物と同じラインにいるのだろう

 

ニュニュニュ…

 

ニュニュニュ…

 

異物がケツメドに入り込んでくる

 

ニュニュニュ…

 

ニュニュニュ…

 

どうやら脳ミソがウンコと勘違いを始めたようだ

 

それは仕方がない

 

ケツメドにとっては、ウンコ以外のモノを通したことがないのだから

 

「ウンコ出る~ウンコ出る~」
「出していいよぉ」

 

ホントはウンコなど出ないことを知っているR嬢

 

脳が勘違いしてるだけよ的な落ち着いた対処は、まさに助平上級者だ

 

「悶えていいですよぉ~」

 

言葉でもセメられる

 

Sっ気を隠し持っていた

 

どこまで奥の深い助平セラピストなのだ

 

歌麿様は完全FBK

 

ケツメドからなんか汁が出ていそうな不思議な感覚と、やはり僕はどうしようもない変態だという自覚

 

2つの感情がぶつかり、エクスタシーに昇華している

 

ドゥラァイ・オルガズムゥ

 

頭の中で、YOSHIKIがドラムをメチャクチャに叩いている

 

ドゥラァイ・オルガズムゥ

 

オルガズムゥ

 

オルガズ…

 

オル…

 

オ…

 

……

 

「コンペルミィーーーーッソ!!」

 

11055885_1561090987495418_1813198170_n

 

錦糸町の駅前の喫煙ルームを眺めてみました

 

ガラス張りのその空間は異様で、見世物小屋のイメージしかない

 

もしかしたらあの空間で、一儲けする輩が現れるかもしれませんな

錦糸町「レジェンド」はこちら

 

錦糸町 『レジェンド』まだまだ俺達、伝説になんかなんねーぞ!と言った次の日に伝説になった伝説」への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。