小伝馬町 『アロマティアーズ』露天風呂に入っているN嬢は、まず左の腕から洗うのだそうです

人間って願い事を、だいたい現実にしてますわね

 

鳥のように大空を飛びたいと願い、飛行機が発明されたり

 

楽に移動したいと願い、鉄道が発明されたり、車が発明されたり

 

昼間のような明るさがあればと願い、ランプが発明されたり

 

遠くにいる人とお話がしたいと願い、電話が発明されたり

 

きっとこれからタイムマシンができたり、ペッパーくんみたいなのが高性能になり、人間の代わりをするかもしれません

 

あげくの果てには、エヴァンゲリオンのようなモノを発明する輩も現れてくるでしょうね

 

あぁ…

 

そういえば、この前神社でいろんなお願いしちゃいました

 

小さい頃
「ジャイアンツに入団させてください」
と、お願いをしましたが、いまだに叶っていない現状

 

まぁ毎年、億単位の願い事を聞いてる神様としては、優先順位にも困っているのでしょう

 

日頃の行いが良い順か?
必死に努力をしてる順か?

 

このままだと、100歳くらいでジャイアンツにドラフト1位で指名されるのかも

 

うーん…

 

それなら違うことを願おう…

 

迷える助平な子羊になった僕は、気がつくと小伝馬町に降りたっていました
前フリが長くなってしまいましたが、久しぶりに可愛いコちゃんに出会えました

 

ロー◯法王に
「この童◯野郎ぉ~」
と、ノノしりながらモンゴリアンチョップをかます勢いで、書きまくりたいと思います

 

「仏教徒ですが、大丈夫ですかメエェ~」
「大丈夫ですよ」

 

駅から受付の男性にお電話で道案内

 

「〇〇のとなりの〇〇の〇〇です~」
「となりですかメエェ~」

 

迷える助平な仔ヒツジがドアの前に立つと、中から白いTシャツの天使様がお出迎え

 

「エンジェル様ですか?」
「違いますけどね、エヘ♪」

 

しょこたんと安倍なつみを足して2で割ったようなお顔のN嬢

 

スレンダーボディ過ぎるので歌麿的には魅力が半減しますが、テレビに出てるアイドルってこんなスレンダーボディなんでしょうね

 

そのN嬢に
「VIPコースはオススメです」
と言われたので、90分15Kをお支払い

 

「お布施ですね」
「違いますけどね♪」

 

すると
「失礼しまぁす」
と言いながら、靴下から脱がし始めてきた

 

「足の裏に納豆がついてるからいいよー」
「大丈夫ですよぉ」

 

続いて上着、からのズボンを脱がしーノ

 

パンツ一丁のまま、タオルをかけてくれるN嬢

 

「失礼しまぁす」

 

と言いながら、タオルに隠れた僕のおパンツを脱がしてくれた

 

思わず、このERおもてなしに半BKしてしまいました

 

シャワーを浴び、T紙Pを装着

 

涼しいお部屋に戻りうつぶせーナ

 

静かにマッサ開始

 

ツヨモミでなく、力加減のホントちょうどいいマッサに、心地よいBGM

 

どうやら、違うお店で何年も経験があるらしい

 

マッサがウマイと安心しますな

 

なでしこ店は、マッサ技術が命ですからね

 

気持ちのヨカ~マッサにじっくり癒されなくては…

 

癒されなくては…

 

カエル脚…

 

サワサワ…

 

なでしこで…

 

サワサワ…

 

なでしこで…

 

素敵な指先…

 

ワンワン…

 

ワンワン…

 

なでしこ店では全身をセイ器化し、マッサというマッサを敏感になった全身で十分堪能する気持ちで常にのぞんでいますが、意外な手の伸び具合に、さらに興奮度はマキシマム

 

想定外の展開は脳細胞をこれでもか!と刺激し、即座に歌麿様に伝達すると、驚くぐらいに硬直したマキシマム・ザ・ウタマロンへと変貌

 

ワンワンから仰向けーナでも、想定外の展開が続く

 

想定外といっても、僕の脳ミソの片スミでは、このような展開を願っていたのかもしれません

 

やはり、迷える助平な仔ヒツジを見捨てないようです

 

ジャイアンツにドラフト1位で入団する前に、ティアーズ教に入団しそう
(´Д`)

 

迷える助平な仔ヒツジのひそかな願いを叶えるなんて…

 

「さすがエンジェルだね」
「違いますけどね♪」

 

神聖なBGMの中、マルコとパトラッシュのように、全ラーな天使は僕を異空間に連れていってくれました

 

「でわぁ、カラダを起してぇ」

 

「あいあいさー」

 

僕の大好きな押し寿司を売りまくるような駅弁屋さんのモノマネ…

 

駅弁屋さんは毎日こんな気分なのでしょうか

 

咲かせて

 

咲かせて

 

桃色吐息…

 

近くで見ると、やはりしょこたんで…

 

モーニング娘にミチャークした、イブニング息子は完全FBK

 

「白い白い白米を出したい」

 

「ダメですよぉ」

 

「とっても白い白米を出したい」

 

「ダメですよぉ」

 

「とってもとっても白い白米…」

 

「お疲れ様でしたぁ」

 

「パトラッーーーーシュ!」

305e4bbb.jpg

マンソンを出ると目の前にはコンクリートジャングルが広がっていました

 

もしも僕の背中に天使の羽根が生えたのならば

 

真っ先に露天風呂をのぞきに行くことでしょう

小伝馬町 『アロマティアーズ』露天風呂に入っているN嬢は、まず左の腕から洗うのだそうです」への2件のコメント

  1. 伺って欲しい店舗がありますが、
    そのようなリクエストは可能でしょうか?
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。