御徒町 『月美』歌麿様のエピソードZEROはここからなのだ

マクドナルドの月見バーガーを食べてみました

 

「月に合いますわ~」と店員さんに言ったら

 

「関西出身なんですかぁ~?」と聞かれました

 

関西人にいちいち反応するノリカ・フジワラのモノマネをされたので、フルティンになって「関東人だからぁ~」と叫びながら湯島へ向かってやりました

御徒町「月美」

「いらまさせ…なんでフルティンナノー!?」

 

「ミチザネ菅原の天チン様に、おティンポも知能が持てますよーに、とお願いしてきた」

 

昔からあるこの場所は、なんだかとても落ち着く

 

道真様も夜な夜な、マッサを受けながら勉学に励んでいる、という湯島の都市伝説を確かめにきたのだ

 

週エス限定90分9.5K

 

「こにちわー」

 

真っ赤なおべべのK嬢が、ERい目をしながら迎え入れてくれた

 

「Kちゃんって、もしかして助平?」

 

「あたしスケベヨー」

 

大阪のおばちゃんのようなノリで返答された

 

「関西出身なんですかぁ~?」

 

「韓国ヨー」

 

さすが御徒町

 

ここは中国と韓国が入り混じっているようだ

 

戦隊台があるシャワールームに案内され、まずはうつぶせーナ

 

この季節の戦隊はサッパリして気持ちがいい

 

背中をアワアワヌリヌリされ、早々に仰向けーナとなる

 

「あたしスケベなのヨー」

 

とまた言うと、舌をペロペロとスネークのように出し、僕を見下ろしている

 

ホンモノの助平なのだと確信した瞬間だ

 

お部屋に戻り、魅惑的なターニーマーを覗きながらオイターマンへと変貌する

 

K嬢は大好きな歌麿様と戯れている

 

やはり御徒町

 

素敵な場所です

 

以前も書いたかもしれませんが、10数年前のお話

 

TVでダウンタウンの松っちゃんが、韓国エステのことを話していました

 

「アカスリやって、マッサージをしたとおもたら、その後…」

 

衝撃だった

 

そんな世界がこの世にあるなんて

 

歌麿青年はすぐにコンビニに走り、アサヒ芸能を買い、韓国エステ情報を読み漁った

 

やはり御徒町にあるのだな

 

しかも、60分10Kほどの料金でアカスリもマッサージも、あれもこれもついて…

 

当時ソープランダーだった僕に、10Kという金額は格安に感じたのだ

 

その時の光景は今でも覚えている

 

しっかりとアカを落としてくれるし、銀色のシートをかぶせた蒸しタオルみたいなのもしてくれる

 

そんで、スーマーターまでしてくれた

 

衝撃だった

 

松っちゃん、ありがとう、とも思った

 

その日…

 

ゴンザレス歌麿が誕生したのだ

 

いわば、この御徒町はゴンザレス歌麿の生まれ故郷

 

いわば、ジモッティ

 

田舎に帰省した老若男女が

 

「やっぱ地元はいいなー」

 

と両手を広げて畳に寝転ぶ気持ちがわかる

 

やはり地元は…

 

あ…

 

あ…

 

あぁ~…

 

……

 

……

 

シャワーを軽く浴び、お部屋に戻りゆったりとしたマッサが始まる

 

「気持ちいい?」

 

「やっぱ地元は気持ちいいなー」

 

「何それー」

 

nT-hCDLB

帰りに湯島天満宮のミチザネ君チに行ってみました

 

いわば、幼なじみのミチザネ君に

 

「最高やったわぁ~」

 

と伝えると、

 

「関西出身なんですかぁ~?」

 

と聞かれました

 

「早くノリカをメンエスの世界で働かせて」

 

と伝えると

 

「アイのスケかノリスケに聞いてくれ」

 

と言っていました

御徒町「月美」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。