新橋『天使と小悪魔』一杯ひっかけていくか的感覚の風俗エステ登場

新橋の街をエロリーマンに混じりながら歩く

 

新橋を歩いていると、自分もサラリーマンになった気分になる

 

たまにはスーツでも着てみようか

 

もちろん、下半身はスッポンポンで

新橋発「天使と小悪魔」

40分コースが目についた

 

以前、ニポーリにあった限界ヴァヴァーズを思い出すが、40分4Kという破格な料金に目を疑った

 

1.5Kを支払いレンタルルームに入る

 

「先にシャワー浴びといて」ということなのですぐに浴び、狭いお部屋で待つこと5分

 

友近に似た中姐が現れた

 

「こちにわ」

 

少し緊張しているのか、言葉少なげに4Kを受け取り、その場で着替えを始める

 

生着替えだ

 

テレビジョッキーを思い出す

 

制限時間の中で着替えをしなくてはいけないのだが、「囲いを早く落としてしまえ」とテレビに向かって叫んでいた性欲豊富なエロ少年だったころが懐かしい

 

「じゃあ、仰向けで」

 

さっそくおティンポを握りはじめるお嬢

 

前触れなくいきなり触られる

 

不思議と…興奮する

 

日常生活でいきなりおティンポを触られることなどない

 

これは新発見かも

 

さっそくFBKになると、そこからまったりとした焦らしが始まる

 

「気持ちいい?」

 

微笑む顔はまさに友近

 

友近を少し細くした感じだ

 

「キャサリン」

「は?」

 

ディランのマネをしながら話しかけたが通じなかった

 

当たり前か

 

妖艶な手つきの上下運動と友近のような微笑み

 

床上手との噂もある女芸人が、新橋のエロリーマンを相手にテクを振るうのだろう

 

このまま、友近として生きていけばいいのに

 

ローソンをたっぷりつけた歌麿様が真っ赤に硬直している

 

聞くとこの業界は半年ぶりとのこと

 

昔取ったスーパー杵柄は何年経ってと健在だろう

 

早々にはててしまったコカーンに、申し訳なさそうなティッシュが乗っている

 

用をたす

とは、このこともいうのかもしれない

 

残りの時間はマッサしマッサ

 

軽くほぐしたところで

「そろそろ時間ですので…」

 

と言い残し、部屋を後にする友近嬢

 

部屋が急に静かになる

 

欲望を放出したので、心にポッカリ穴が開いた

 

何か、夢でもみていたのでは?

 

そんな錯覚を覚えながら、服を着る

 

ここはどこ?

 

わたしは…?

20091005181709d77

フラッときてフラっとヌいてフラっと帰る

 

龍宮城にでも連れて行かれた気分のまま、SLに話しかけた

 

「オレのエントツは宇宙だ」

 

SLは黙って今日も黒々としていた

新橋発「天使と小悪魔」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。