小伝馬町『ロストヘブン』天国に一番近い地下鉄に乗って

クリスマス一色の今日この頃

 

レッドツェッペリンの天国への階段を聴きながら、丹波哲郎の大霊界という映画を思い出しておりました

小伝馬町「ロストヘブン」

駅からは徒歩1分程度、居酒屋などがある雑居ビルの2Fにある

 

あれ、ここ何となく見覚えがあります

 

インターホンを鳴らすと、ちょっと見た目、年いった感じの女性が受付

 

フロアの間取りやイメージは前回と同じ気がする

 

真ん前にある待合スペースで、受付を済ませる

 

週エス見せて90分11K

 

すぐ横の施術室に通される

 

割と広めで、床マットタイプに入り口はカーテンタイプ

 

着替えをしていると、先ほどの女性が着替えて入場

 

ピンク色で下着風の衣装に割りと出るとこ出た衣装

 

うーむ、、ビジュアルと歳がなー

 

愛想はいいのですが、、次回は若い子を予約しよう

 

着替えを済ませ、奥のシャワー室に通され、立ちながらの簡易戦隊

 

歌麿様まわりや上半身、OK2を簡単に洗う程度

 

戻ってうつ伏せの状態から指圧

 

上半身から、丁寧な指圧

 

首や肩、腰などを強めに押してくれる

 

下半身に移行しても、ふくらはぎ裏や、太もも裏を強めにプッシュ

 

話は好きなようで、片言ではあるが、色々と世間話をする

 

このあたりはベテランの技スね

 

一通りの指圧が終わるとパウダーかオイルのお誘い

 

パウダーを選択し、背中からわき腹、OK2へとフェザータッチを開始

 

ああ、こればっかりは本能の赴くままに

 

段々と下へ向かい、オイナーリへと、手が伸びる

 

ここで、嬢から耳寄りな一言が

 

「わんわん」して

 

わんわん、だと

 

もしや、そう、四つんばいですな

 

ええやん

 

それ、ええやん

 

すぐさま、四つんばいポジションになり、下からのB地区、裏オイナーリ攻撃

 

ああ、じわじわと歌麿様から我慢スープが

 

わんわん施術により、確かにロストヘブンしそうになると

 

仰向けのお告げが

 

少し寒いので、タオルを掛けてもらい

 

その上からの歌麿様中枢部のニギニギマッサージ

 

ああ、これは

 

あぁ

ロストヘブンというか、意識を失いそうですね

 

しばらくして、タオルが剥がされると

 

直でのオイリーナ攻撃

 

ああ、ちょっと年増でもいい

 

そう、気持ちいいからね

 

そしていつものように

 

 

ああ

 

あああ

 

m_JohnBonham07

シャワー室に向かい、最後も軽く洗ってくれる

 

ちょっとポイントアップ

 

戻ってお茶を頂き、着替えを済ませ、店を後にする

 

北風吹く中、本日の施術を振り返る

 

確かに施術内容はまあまあだったし、ロストヘブンはできたかな

 

次回は若い嬢でホワイトクリスマスを味わいたいと思うのであった

小伝馬町「ロストヘブン」はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。