『渋谷 シブヤガールズスタイル』 平成生まれの美人さんはもうこんなに大きくなってるんですね

若いコにコマネチエリアをまさぐられると、複雑な気分になります

 

お風呂場で娘に股関を触られると、こんな気持ちになるのかもしれませんな
スタイル抜群のF嬢が玄関でお出迎えしてくれました

 

週エス見せて、90分13K→12K

 

この1K割引はありがたいのですが、渋谷の若い子に「このおっさん、ケチくせー」とか「小せー」とか思われてるんじゃないか、と不安になる

 

なんともなんとも…

 

男子というのは見栄をハリたがるから仕方ないが
スラッとした手足に小さいお顔

 

北川景子のような笑顔にパックリ開いた胸元のシャツ

 

20代前半の女の子にあれこれおもてなしを受けていると、介護されてる気分になってしまう
シャワーを浴びて、フンドシタイプの紙Pにハキかえ、いざ

 

久々に寝そべる足つきベッド

 

あったかいホットジェルが背中を行き来すると、心までホッとする

 

しかも、下に敷いてあるホットカーペットがポカポカなので、ついついウトウトしてしまう

 

そんな中…

 

「周りの友達とかがぁ~」
「そろそろ結婚とかぁ~」
「なんかぁ~…」

 

と、お話好きっぽい語り口調で話かけてくる

 

20代前半の、女の子特有の悩みなのでしょう

 

「どんな男性と結婚したらいいんでしょうねぇ~」

 

そんな質問されたので、即答しておきました

 

「お金持ちがいいよー」

 

「えー、お金持ちって遊び人が多いじゃないですかぁ~」

 

「でも、お金持ちがいいよー」

 

「そうなんだぁ~」

 

そんなたわいもない話をしながら、小さなお手手はおマタ付近へ

 

温かいヌルヌルジェルが、小さな紙Pのスキマからスイッチを入れる

 

ヌチャッヌチャッと魅惑的な音を奏でながら細い指がグイっと入ると、思わず「おふぉー」と吐息も漏らしてしまった

 

「気持ちいいぃ~?」

 

「おふぉー」

 

この時間が永遠に続けばいいのに…

 

そう思うのは、美味しいモノを食べている時に近い感覚だ

 

この至福の時間は永遠ではなく、一時的なモノだろう

 

ラーメン二郎の一口めは最高に美味いし…

 

そうだ
一時的なモノに違いない

 

そうだ。
一時的なモノに…

 

あぁ…

 

FBK…

 

「では、仰向けでお願いしまぁす」

 

紙Pを一生懸命持ちあげているコマネチが、F嬢にアピールしている

 

相変わらず、温かいジェルがヌチャヌチャと股間付近を行き来している

 

竿の付け根からお玉様まで、まんべんなくジェルまみれにするテクニックに、僕の心までヌチャヌチャになってしまう

 

このまま、この温かいジェルに溶けてしまいたい

 

このジェルになってしまえば、ずっとY嬢と一緒にいられるのではないか…

 

そんな淡い夢を見た僕の耳元で

 

「お疲れ様でしたぁ~」

 

と、可愛い声が聞えてくる

 

パ…

 

パ…

 

「パードゥン?」

 

1 (9)

 

外は真冬

 

雪がちらつくこんな日は、温かいラーメンでも食べたいものです

 

次は五反田か六本木か

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。