錦糸町発『錦糸町回春性感マッサージ倶楽部』前編 待ち合わせのドキドキ

以前、川崎でERい思いができたので、再びお電話してしまいました

川崎だろうと錦糸町だろうと、それほどERさには変わりないだろう

もう桜がマン◯、いや満開になりそうな公園の桜を眺め、ムラムラする欲ボーを桜吹雪のように撒き散らしてしまおう

「錦糸町回春性感マッサージ倶楽部」

スカイツリーが欲ボーの象徴のようにそびえ立っている

サンクスで待ち人を待つ僕は、ふと池袋でドタキャンをくらったあの日を思い出しました

11才年下の女の子を居酒屋でナンパし、何度もメールのやりとりをしたにも関わらず、初デートの待ち合わせ場所に2時間も待ちぼうけ

電話もつながらず…
メールを送っても返信なし…

きっと、ケータイが故障してしまったのだろう

ケータイを忘れてきちゃったのだろう

プラス思考の僕は、そんなことを2時間考えていました

季節は冬…

寒かったなぁ…

数日後、その子は僕に一本の電話を入れてきました

「この前はごめんなさい…怒ってる?」
「いや、怒ってないよ…」
「ホント!良かったぁ」
「…………」

ホントは怒ってたけど、怒らない俺って寛大じゃね?アピールをしてしまい、そのまま…
(´Д` )

女の子と待ち合わせをすると、なぜかいつも不安になります

来なかったら、COCO壱でカレーを食べてそのまま帰ろうと思っていた矢先…

眩しい笑顔のH嬢がサンクスの前で、キョロキョロしておりました

スラッとした足のこの女の子は、その辺の読モに負けないナイスなスタイルの持ち主であったのです

つづく…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。