西川口『メンズリラクゼーションM』西川でふと思う

西川にもこういった感じのお店ができたんですね

あの、戦場のような物凄い世界はどこへ行ったのやら
(´Д`)

時代の流れを感じます

西川口「メンズリラクゼーションM」

広いお部屋で静かな時間を過ごせる

ゆったりとした雰囲気の中、異常に可愛いM嬢がエスコートしてくれました

週エスに書いてある100分13K

久々に長いコースだ
(´Д` )

「シャワーどうぞ」

若干セマいユニットバス…
(´Д` )

「セマくてごめんネー」
と言ってくれる気づかい

日本人のような対応がまた、心にグッときた
(´Д` )

「寒いネー」
「どこコってるー?」
「仕事終わりー?」

自然な口調が耳に心地いい

可愛らしい声質と声量

小島瑠璃子というMCのアシスタントとかをやっている女の子に似たお顔に、ヨカトスタイル

こんなお顔に生まれたら、人生の3分の2は勝ったようなものだろう
(´Д` )

「肩コってるネー」

コっているのは肩ではなく、こっちだー!と心の中で叫んだ
(´Д` )

西川口なのに、このラグジュアリー感

ひと昔前、黒服を着た菊リンみたいな恐そうなお兄さんに手招きをされ、

「おぅおぅ、あんちゃんあんちゃん♪これか?これか?」

と両手を腰の辺りでパタパタする、いわゆる「やってくか?」ジェスチャーをし、そのまま肩を組まれ薄暗い店内に連れ込まれたあの日が、昨日のことのように思えます

それが今では…
(´Д` )

「仰向けお願いしまーす」

デコルテーナへのオイリーナからオナカーナへスリスリ

B地区も執拗にヌリヌリされ、コメツブみたいなカタさになると「ウフフ」と軽く微笑んだ

薄暗いお部屋でもわかる可愛い笑顔が化阪神へと移動し、残り時間は全てコマネチラインと褌紙Pの玉三郎に集中する

西川口の思い出が走馬灯のようにアタマをかけめぐり、時間を少しずつ刻んでいった

「おぅおぅ、あんちゃんあんちゃん♪これか?これか…

「おぅおぅ、あんちゃんあんちゃん…

「おぅおぅ…

「…………

「お疲れ様でしたぁ」
「あぁ…」
「寝ちゃったネー」
「西川でこんなにゆったりしたのは初めてだよ」

image-11476321123-12430451477.jpg

このVIPルームのようなお部屋を出て、ふと、かつての繁華街方面に目を向けてみる

まばらになった魅惑的な明かりを眺めていると、戦国時代の合戦跡のように、当時のモノノフの雄叫びが聴こえてくるようだ…

あ、雄叫びというより、ア・エーギー声か…
(´Д` )

西川口「メンズリラクゼーションM」 ベリーインポータントな気分ス

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。