五反田発『高輪アクア』前編 Mに目覚める5秒前

Mセー感てお店が目につくようになりました

なぜだろう?

自分自身の中にある何かに目覚めたのでしょうか?

いままで、Mという自覚はなかったですが、過去に何度か遭遇したS嬢たちには、ことごとく転がされていましたな

ケツメド様に指を突っ込まれ、助平の新開拓をしてみたり、マングリ返しをされてケツメド様をベロベロベロベロされて、白目をムキそうになったり…

あぁ…

今日もケツメド様をセメられまくるのか?

不安な気持ちと、楽しみな気持ちが激しく交差している

というより、楽しみの方が圧倒的に多い

やはり、僕はMなのか?

そんな気持ちのまま、またもや五反田の駅に降り立ちました

五反田発「高輪アクア」

「新人ちゃんですと90分24Kでご案内させていただいておりまーす」
「では、それで…」

とお願いした女の子が、モデルスタイルなH嬢

おっとりした感じですが、きっとSを隠しもっているのだろう

簡単な問診票に次々と丸をつけていきますが、かなり卑猥な内容
(´Д`)

言葉ゼメやビンタなどは当たり前で、緊縛やツバ、足フミやハイヒールフミなどなど

ざっと、30項目ぐらいはありますな

さすがはM性感店

高級店であるがために、セメる内容もそうとう高度のようだ

「いろんなことを求めるお客さんが多いみたいですよぉ」

M人口は想像よりも多いらしい

そんなこと考えながら、自然と問診票の「アナル」の項目に丸をつけている自分がいる…

あぁ…

やはり僕は、Mなのかもしれない…

つづく…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。