幡ヶ谷アジアンエステ『林檎園』ひ弱で不親切で邪険な街からきたいつかの少年は、ギターを奏でながら新宿の街を歩くのでした

蝉の声を聞く度に、目に浮かぶ九十九里浜
皺々の祖母の手を離れ、独りで訪れた歓楽街

椎名林檎の「歌舞伎町の女王」を歌いながら新宿から2駅揺られ、幡ヶ谷に降り立ちました

地上に出ると見える甲州街道は、せわしなく車が行き来してます

横断歩道で待つ僕のおティンポがあと数十センチ長かったら、事故に遭う交通量です

 

幡ヶ谷「林檎園」

 

昔懐かしい看板店

雑居ビルの古いERベーターを上がり、白いピンポンを強めに押す

「はーい」と言いながら笑顔で開けてくれた熟姐が、白いチャイナ服でお出迎えしてくれました

「こんばんワー」

「どうも、椎名珍檎です」

「シーナチンコさんネー」

「あ、まぁ、あ、はい」

以前来た時より、OPIが大きくなっている熟姐がお茶を出してくれました

2人掛けの椅子に腰掛け、お茶をすする

白いチャイナ服の胸の部分が空いているので、ちらちらターニーマーが見える

おバカな男子らしく、つい高いコースを選んでしまいました

110分10K

それにしても格安

最近、90分でも諭吉様2枚以上払うことが増えたので助かりまする

カーテン仕切りの保健室系の施術ルーム

穴開きベッドとマットを選べたので、マットを選択

妖しさ満点の間接照明と昔懐かしいカーテン仕切り

東新宿クローバーや、池袋こまち整体院を思い出しながら服をヌギヌギ

お店を横断するようにシャワーへ向かい、ちゃっちゃと浴びて、また再横断しお部屋でブカブカのT紙Pを装着しました

チャイエスでは珍しいです

そのままマットでうつぶせーナ

「よろしくネー」の一言でマッサ開始っス

全身にタオルをかけて、X字でのほぐしがスタート

熟姐らしいしっかりした圧をかけながら、「強さダイジョブ? 」と聞いてくれる

経験豊富な熟姐らしく気遣いも熟知しているのだ

片脚ずつタオルをめくり、オイリーナに移行すると、ふくらはぎから上へ上へとスリスリヌリヌリ

フトモーモーへ流し、そこから裏コマネチまでスリスリヌリヌリ

熟女による熟知した熟練の技

慣れた手つきに歴史を感じます

そこからOK2をモミモミモミモミ

おモチをこねるようにモミモミモミモミ

OK2のワーレーメーを閉じたり広げたり

さすがは熟練セラピさん

ケツメドも喜んでいます

腰も入念にマッサしマッサすると、そのままケンコー骨から肩

そして首も丁寧にもみほぐしでくれる

首のコリが長年取れないので、マッサ重視のお店は入念にほぐしてくれるので、とても助かりまする

「疲れてるネー」

「スマホでER動画ばかり観てるからね」

「あ? 」

トリッキーなニッポン語は、あまり得意ではないようだ

蒸しタオルで拭き取ると、また全身にタオルをかけてくれる

仰向けコールではなく、足踏みマッサのようだ

足踏みはお久しぶりーふ

「重いカー? 」

重過ぎず軽過ぎず、ちょうどええ目方

「大丈夫だよ」

この体重を当てられたら日テレの「目方でドン」に出演できるだろう

え?
目方でドン
終わったの?

どこかで時間が止まっていたらしい

目方でドンをやってた頃、この熟姐はまだ初々しい乙女だっただろう

その頃、チャイナ服を着て、こんな助平男子を踏みつけてるとは思わなかっただろう

足の指を使って、背中のツボを押してるなんて想像もしなかっただろう

「どんな子どもだったの? 」

「マッサージが好きな子どもだったヨー」

なるほど

仰向けコール

化阪神にタオルをかけ、お腹のオイリーナからスタート

数カ所、グイッ、グイッと押すと、「うん、ダイジョブねー」と言ってくれました

少々強めだったので、医者の触診のよう

異常がなければモーマンタイだ

そして化阪神のタオルをめくり、ウチモーモーからのオイリーナ

ジョジョに迫るヌルヌルお手手は、紙Pの上でお玉様をコロコロコミックしてくれる

繰り返し繰り返し

コロコロコミック

オイリーナで紙Pを溶かしそうなくらいの

コロコロコミック

熟姐の熟練したコロコロコミックで、紙Pの中の歌麿様が目覚めはじめた

「コロコロコミック最高です」

「コロコロ……? 」

「そう、コロコロ」

「コロコロネー」

チョココロネのような歌麿様からチョコが溢れ出そうになる

ガーマンジールーで紙Pが溶けそうだ

いつかの少女だった熟姐は、長渕の「いつかの少年」を歌うようにコロコロコミックする

いつかのER少年の僕は、「歌舞伎町の女王」を歌う

2つの歌がハーモニーを奏でると、カーテン仕切りの小さなお部屋が宇宙と化する

「とても大っきくなってしまいました」

「ここはマジメなお店ダカラ」

「とても大っきくなってしまいました」

「マジメなお店ダカラ」

「とても大っきくなってしまいました」

「おちゅかれ様でシター」

「ドーン・キンーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーグ」

ネットで調べてみると、目方でドンは1982年終わっていたらしい

あれから37年、僕の脳ミソは停止していたらしい

あの頃に戻ってメンエスを開業したら、トルコ好きのおとっつぁんたちからクレームの嵐だろう

幡ヶ谷アジアンエステ「林檎園」はこちら

 

京王・小田急線エリアのセラピストツイッターはこちら

 

☆普段みられないセラピストさんのあんな写真やこんな写真がたくさん! あなただけのお宝はここで探せます♪♪
↓↓↓
メンズエステ・セラピスト
「ジョーライブ」でセラピストさんのTwitterを見る

 

☆ゴンザレス歌麿もTwitterやってますよ
https://twitter.com/gigiutmr
フォロー&メッセ、お待ちしてます♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。