春日部メンズエステ『ぼくのエステ』 ロビンソンを思い出しながら東武動物公園行きの電車に乗り込みました

玄関を開けるとひっそり中へ入れてくれます

誰にも見つからぬように

あたかも自分自身の家に帰るように

人妻
秘め事
濃密
優美
朦朦
忍萌
etc…
etc…

妖艶な言葉の羅列が頭の中を駆け巡ります

 

春日部「ぼくのエステ」

 

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった
夜の底が白くなった
信号所に汽車が止まった
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した

妖艶なセラピさんにお出迎えされた僕は、小説の「雪国」を思い出しました

100分16K

「しんちゃんはいないんですの?」

「いないですよぉ」

セラピさんは、あからさまなバデーラインを見せつけ、物静かに語りました

要約すると、とりあえずあれはマンガだ、とのことでした

服をヌギヌギし、シャワーを浴びお部屋へ戻る

「オイルをたっぷりつけますけど大丈夫ですかぁ?」

「ヌルヌルし過ぎて、筆が持てなくなっては困るな~」

川端康成のモノマネをしながら笑ってみましたが、セラピさんに文豪ギャグは通じませんでした

両脚から腰、そして背中をたっぷりのオイルでしばらくの間ヌルヌルしていると

「ソケイ部やりますねぇ」

ヨカト

ちょっとしたハプニングに男子は弱い

腰を少し浮かせると、細いゴムヒモに手をかけてくれる

セラピさんの柔らかくて温かいお手手が、オイルまみれになった紙Pに切り込んでくる

あまりにも妖艶な手業に、うつぶせで下に向いている歌麿様が反応した

「でわぁ、カエル脚になってくださぁい」

OK2の裏からコマネチラインに切り込んでくるセラピさんのお手手

過去、何度も味わっているこの技だが、今日は特別、敏感になる

オイルのヌルヌルと、絶妙なカスリ

歌麿様は左曲がりに硬直していた

左側のコマネチラインをスリスリしたら、カスリを通り越した「モロモロアタック」が期待できる

ソワソワしながら、右側コマネチラインの終了を待った

「でわぁ、反対の脚でぇ」

きた…

再び、OK2の裏からコマネチラインに切り込んでくるセラピさんのお手手

予想を裏切らない動きに、思わず腰を振ってしまう

「気持ちいいですかぁ?」

「気ぃ持ぉちぃいぃいぃ…」

物静かな口調のセラピさんですが、お手手の動きはとんでもないド助平

こういうタイプの女の子はベッドの中でとんでもない助平に豹変するのだろう

「次はワンワンでぇ」

アダルトビデオのような早い展開だが、カラダは喜んでいる

どんな格好でも、気持ちいい部分は変わらない

全身の血が集まるのがわかる

動脈も静脈も毛細血管も喜んでいるようだ

「ケツメド丸見え特捜部だね」

「うふふ…」

ワンコがよくやる、クンクンとお互いのケツメドの匂いをかぐ行為のようだ

きっとセラピさんは僕のことを知りたがっているのだろう

尻だけに…

「仰向けでお願いしまぁす」

即反転した僕はセラピさんの顔をマジマジと見ることにした

本当の年齢のまま表記しているようだが、実年齢より若く見える

ウワサによると30代、40代になると性欲が増してくるらしい

この情報はきっと文春かポパイかホットドッグ情報だろう

カエル脚からオイルまみれのミチャーク状態

FBKの歌麿様が超絶完全FBKへ到達したので、セラピさんに懇願してみる

「出したばいい」

「ダメですよぉ」

「出したばいい」

「ダメですよぉ」

「出したばいい」

「お疲れ様でしたぁ」

「ロビンソーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!」

バカボンのママはバカボンのパパに最低2回は中出しされている

そんな睦月影郎先生の名言を思い出しながら、春日部駅に向かうのでありました

「これでいいのだ」

 

春日部メンズエステ「ぼくのエステ」はこちら

 

 

春日部・大宮・所沢・川越エリアのセラピストツイッターはこちら

 

☆普段みられないセラピストさんのあんな写真やこんな写真がたくさん! あなただけのお宝はここで探せます♪♪
↓↓↓
メンズエステ・セラピスト
「ジョーライブ」でセラピストさんのTwitterを見る

 

☆ゴンザレス歌麿もTwitterやってますよ
https://twitter.com/gigiutmr
フォロー&メッセ、お待ちしてます♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。