大森『もみ楽』

久しぶりの大森ですな

やはり、クセになるというかなんというか…

あの自然な感じがいいのかもしれませぬな
(´Д`)

何度か足を運んでいましたが、レポにするほどでもないかな、と思いつつ…

またここにきてしまいました

大森「もみ楽」

「いらさませ~」と熟姐が登場

一瞬、お店のママさんが変わったのかと思いました

おぼつかない日本語でそのままコース説明をされ、結局60分8K

週エスの90分9.5Kにしよーかと思いましたが、イマイチ通じず

なんだかホンキで帰ろうかな、と思った時にいつものママさんが登場してくれた

このまま、この受付の熟姐にマッサしマッサされるのかと思いましたが、この安心感はハンパではなかったですな
(´Д`)

「どうぞ」

と穴あきベッドへ案内され、水色の健康センターで着るような服の上にシャツやらおパンツを放り投げ、T紙Pにはきかえる

外観はまさに普通の整体院

こんな普通の整体院でT紙P姿になるなんて…

マッサは相変わらず上手すぎる

万年肩コリ持ち二軍絵描きの肩を入念にモミほぐしてくれる

コリコリゴリゴリ

ゴリゴリコリコリ

「私、力あるから痛かったら言ってネー」
「大丈夫スー」

オイリーナマッサも強めでお願いし、肩回りを入念にマッサしマッサ

やはり疲れた時はここだな
(´Д`)

仰向けーナになり、お腹まわりも「の」の字を描くようにグイグイしてくれる

年末から続く飲み食いに少々もたれている胃の中を動かしているようで、なんとなくですが楽になった気分

この時期は腹のマッサにハマりそう…

予想以上に気持ちがヨカす
(´Д`)

「足お願ーい」

と、いつもの「もみ楽スタァ~イル」

きたきた!と期待を膨らませながらT紙Pをも膨らます(´Д`)

分娩台にでも乗せられたような複雑な気分というか、恥ずかめな気分やら、カーテンで閉めきられてるし、ノビノビしちゃえ…みたいなあらゆる感情が脳ミソの中を駆け巡る

「元気ネー」

と妖艶な目で見つめられる

あぁ…

もみ楽極楽…

お茶をいただき、大森の街をトコトコと歩く
(´Д`)

まだ溶けない雪を見ながら、つぶやいてみた

「今日もバレませんように…」

大森「もみ楽」でウゴウゴルーガ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。