新宿メンズエステ『サムライ東京』 宮本武蔵の残した言葉を心の支えに辿り着いたエステブログの向こう側に、追い求めていた理想郷が広がっていた

歌舞伎町の床屋で月代にしてもらい、立派なチョンマゲにしてもらいました

ウォークマン片手に尼崎出身のCOBRAを聴きながら、二丁目方面に足を運ぶ

「キャプテン・ニッポン」を聴いて気合いを入れよう思いましたが、流れたのはシブがき隊の「サムライ・ニッポン」

違う違う

急いでカセットを変えると、次に流れたのは「東京」という歌

やしきたかじんかよ

仕方がないので、お電話リンリンしてみたら、関西弁の男性が出てくれました

「東京って歌、何曲あるんですか? 」

と聞くと

「サムライの数ほど、ありますやん」

と答えてくれました

 

新宿「サムライ東京」

 

丁寧な案内でマンソンに着き、ERベーターで上へあがる

お出迎えしてくれたのは、モリモリOPIのM嬢

最高級Gカポーをユッサユッサさせながら、笑顔で迎え入れてくれました

「こんばんわぁ」

ショートヘアがお似合いで、人懐っこい笑顔が印象的

すんなり溶け込める雰囲気に、思わず抱きしめたい衝動にかられました

「ダイナマイトボデー! ダイナマイトボデー!」

「あはははは」

明るいキャラに好感度が上がる

100分15K
OP3K

大きなOPIを見たので、思わずOPをつけてしまった

お部屋は広めで綺麗なワンルーム

オサレなデザインのドアにオサレな収納

住んでも快適に過ごせそうなマンソンだ

簡単なアンケートがあるので、空いてるスペースにおティンポマークと甲冑と刀を描き込み、サムライらしさをアピールした

「でわぁ、シャワーの準備しますねぇ」

服をヌギヌギして、バスルームに向かう

ノックして入れ替わり、シャワーを浴びますが、巨NEW様の時は早い

2秒で紙Pを装着してお部屋に戻った

久しぶりに装着するヨコスカ紙P

この涼しさがたまらない

自然と期待度が高まる

「でわぁ、うつぶせでぇ」

全身にタオルをかけ、ほぐしからスタートのオーソドックススタイル

体重をかけた圧は僕好みの強モミだ

腰から背中、肩までしっかりほぐしてくれる

「力加減はいかがですかぁ? 」

「最高でござる」

頭の上のチョンマゲも喜んでいる

オイルに入ると脚からスリスリヌリヌリ

温められたオイルをドバドバ使い、ふくらはぎからフトモーモーに塗りたくる

スカスカの紙Pのスキマから指指様が切り込み、OK2のワーレーメーへご挨拶

シュパッ

繰り返し繰り返し

シュパッ

Oh……

シュパッ

YES……

シュパッ

Oh……

シュパッ

YES……

足裏もグイグイとマッサしたかと思うと、脚を曲げ、ストレッチ風のオイルマッサに入る

Oh…yeah…

柔らかいものが足に乗ってきた

オイルまみれになった柔らかな物体は、優しく足を包み込み、リンパよりもK2流を流してくれる

ナイステキニッキ

「経験値ハンパないね」

「まだ半年ですよぉ」

生まれながらのセンスか

ジョー阪神に移る前に、カエル脚コール

直角に曲げるとヨコスカ紙Pがさらにスカスカになる

スキだらけこの紙Pは、受け入れ態勢万全だ

オイルをドバドバに使った柔らかお手手が、前から後ろから攻め込んでくる

さっそくガーマンジールーが溢れ出す

絡み合うフトモーモー

背中に当たる大きくて柔らかい感触

耳元で囁く「気持ちいいですかぁ? 」という言葉

答えは一つ

「気持ちんヨカよ」

こんなにお若いのに

こんなに男心を知ってるなんて

新元号になってもニッポンは安泰ですな

カエル脚で完全FBKになると、そこから腰や背中へのオイルマッサが始まった

「歌麿様が下敷きになるー」

「うふふ」

そんなこと、御構いなしに腕のストレッチに移行するが、これがまた……

浮き出たケンコー骨まわりをグイグイすると同時に

んまー

あーた

んまー

あーた

知っとるね

男心を知っとるねー

独特のストレッチ&ミチャークに再び腰が浮いてくる

「気持ちいいですかぁ? 」

「ガーマンできなーくなーるー」

優しいM嬢がそっと仰向けコールするので、ソッコーで反転し、大きなOPIをガン見する

テカテカのターニーマーが作業量を物語っている

このテカテカ

感動するやん

さっそく頭側にまわると、デコルテからのスリスリヌリヌリ

お約束のスタンプラリーは気を使ってタオル越しだ

オイルがつかないようにしてくれるなんて

ステキやん

とても

ステキやん

最終章に入ると、テカテカのターニーマーを駆使したナイスなテキニッキのメドレーリレーが始まる

お腹

コココココココココ

カーン

パーツパーツの触感を高め、歌麿様を立派なチョンマゲにしてくれる

「チョンマゲプリンを食べて欲しいでござる」

「何それー」

間接照明に照らされたダイナマイトボデーは官能さを増し、期待値を高めてくれるが

「チョンマゲプリンを…」

「ダメですよぉ」

優しいM嬢はおっとりなだめてくれる

あい、わかった

ここはサムライらしく、毅然としていよう

そう決めた僕は、一途に癒してくれたM嬢に感謝しつつ、完全FBKの刀を天井に向けながら静かに最期の言葉を聞いた

「お疲れ様でしたぁ」

「一道は万芸に通じる」

「ま、ま、ま◯毛? 」

「江戸、江戸ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

帰り道、新宿のタイガーマスクと遭遇しました

ドトールのテラス席で覆面をテーブルに置いてコーヒーを飲んでいる

モノスゴい衝撃を受けましたが、あちらも僕の姿を見て驚いていました

 

新宿メンズエステ「サムライ東京」はこちら

 

 

新宿エリアのセラピストツイッターはこちら

 

☆良嬢さんのベストショットは見ものっす♪
↓↓↓
メンズエステ・セラピスト
「ジョーライブ」でセラピストさんのTwitterを見る

 

☆ゴンザレス歌麿もTwitterやってますよ
https://twitter.com/gigiutmr
フォロー&メッセ、お待ちしてます♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。