渋谷発『女遊』

A様のことを思い出すと、自然と笑顔がこぼれてくる

笑顔というより、これはニヤケか?

どんなに落ち込んでいても、A様とのプレイを思い出すと何もかも忘れてしまいそう

渋谷「女遊」

可愛い唇でパクパク…

パクパク…

想像しただけでイッちゃいそう

さっきまで一緒にいたのにすぐ逢いたくなる

ゾクゾクするほどの美貌

FBKになればなるほど興奮し、さらに僕をセメてくる

あぁ…

電車の中でもFBK…

YシャツとNoパンパンスト

パンストの色を選べたのは初めてだ

週エス見たで10分延長サービス

100分23K

シャワーを浴び、ベッドへ

B地区をペロッとナメまわし、ジョジョに下へと下がっていく

YシャツのスキマからOPIのターニーマーをプルプルさせながらワキバラ、コマネチラインとメーナーペロペロしてくれる

すでに僕のコ・カーンは元気麿だ
(´Д`)

「スゴイ元気よぉ」
「エヘヘ…」

ER過ぎる舌が流れるように僕の肌を滑らせ、じわじわとスカイツリーのような元気麿に近づいてくる

待ちわびる快楽の瞬間…

エステ通いしていると、なかなか味わえないパクパクにもうすぐ到達する

ガーマンジールーをERく出しながら、温かい吐息を感じはじめてきた

「あら、美味しそう…」

ERい言葉とともに僕の元気麿を包みこんだ
(´Д`)

「あぁ…トレビアんああ~ん…」

卑猥な音がお部屋に響く

さまざまな液体と肉感的な摩擦

たまりまくった元気麿から祝砲が上がるまで、そう時間はかからなかった

「マママママーベラスッ!!」

久しぶりの濃厚サービス

「じっくりマッサージするお客さんもいるよー」

と、A様

どーやら僕はERそうに見えたらしい

「次も濃厚サービスしてあげる♪」

思ったよりいっぱい出た…

おかげで肩こりが楽になった…気がする…

渋谷「女遊」でパクパクパックマン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。