高田馬場メンズエステ『レゴラーレ』 ヨーロピアンに好まれたニッポンのツェッペリンは、風の吹くまま気の向くままユターリマターリ旅をする

線路沿いを新大久保方面にテクテク歩く

すれ違う若者たちの髪の色がカラフルなので、思わず

「おいおい、あんちゃんたちはC-C-Bかー? 」

と聞いてしまいました

「BCG? 」

しかめっ面で聞いてくる若者に

「そら、ハンコ注射だべさー」

と言い放つ

カラフルな髪の毛軍団が不機嫌になってしまったので「ロマンティックが止まらない」を歌って差し上げましたが、ますます不機嫌になってしまいました

仕方がないのでオヤジ狩りに合う前に、ダッシュでマンソンへ駆け込みました

 

高田馬場「レゴラーレ」

 

ピンポンピンポンピンポン

「連打しなくても大丈夫ですよぉ」

「ラッキーチャンスをもう一度の方が良かったかな? 」

「はい? 」

優しく迎え入れてくれたのは綺麗な瞳のM嬢

優しい雰囲気と大きなOPI

寛容度の高そうな熟セラピさんからERERフェロモンがムンムンしている

このERERフェロモン

まだまだ現役ですよ的な助平さからくるものだろう

「助平そうでなりよりです」

「そんなことないよぉ」

120分17K

最近、この価格のお店への凸が増えてきた

陰毛を抜いて、東南アジアに売り飛ばして生計を立てている僕には、とても助かる

ちょっと変わったお茶を飲み、おしぼりで顔を拭く

これからシャワーを浴びますが、とりあえず拭いてみた

近くに座り、手をサワサワしてくれたので、連想ゲームのように頭にいくつかの風景が浮かび上がってくる

近くに座る

手をサワサワ

おしぼり

これって……

おしぼり

おズボンを脱がし

おティンポを拭く

失礼しまぁす

ツーツーレロレロ

お口の中で

俺の精子がドピュッシー

「お、お、お、お……」

「お、お、お、お? 」

「おっきくなっ……」

「シャワーどうぞぉ」

半BKのまま、シャワーを浴びガーマンジールーを洗い流す

早く大きなOPIが見たいから、素早くシャワールームを出る

ちゃっちゃっちゃとタオルで拭き取り、お部屋に戻りうつぶせーナ

「早いですねぇ」

「1分でも1秒でもMさんのおっぱ……」

「ほぐしますねぇ」

全身にタオルをかけ、ほぐしが開始される

しっかり体重を乗せた圧なので、普通に気持ちがいい

背中から腰
腰から肩

対角線上に圧をかけカラダを伸ばし、コリ固まっている全身を緩ませてくれた

ふむふむ

そこからさらに各部分に圧をかけては、グリグリとほぐしに入る

特にケンコー骨まわりは入念にしてくれた

「貴女…高い教育を受けてますね」

「いえいえイェーガー」

「ドイツ語っすか? 」

「いえいえイェーガー」

「あずさ2号っすか? 」

「進撃です」

オイリーナに移ってもそのテキニッキは続き、癒しを与えてくれる

ふくらはぎからフトモーモーへ

そして裏コマネチ…

ケツメドにシュパッはノーシュパッ

リンパを的確に流すテキニッキはあるものの、ノーシュパッ

カモン!
カモン!ベイビー!

助平なテキニッキより、確実にリンパを流すテキニッキで丁寧にマッサしてくれるM嬢

これはこれで、ヨカ

しっとりとしたマッサに、連日のAV鑑賞とYouTuberになるための勉強で万年寝不足の僕はウトウトし始める

この状態を見計らっていたのか、ここでカエル脚コール

直角に曲がった脚の間へ、熟セラピのM嬢が果敢に責めてくる

前から後ろから
後ろから前から

お約束のカスリーナも忘れず、歌麿様にもご挨拶してくれた

「おはよう」

「おはよう、お手手様」

両脚のカエル脚を終え、その流れのままワンワンコール

否が応でも目が覚め、凛と四肢をはった

今度は容赦なくコマネチを責めてくる

ヌリヌリスリスリ

ヌリヌリスリスリ

ヌリヌリースリスリ

ヌリヌリースリスリ

なかなか

なかなか知っとるわね

あーた

素敵

ステキ

すテキニッキ

完全に

F…

B…

K……

仰向けコール

天上天下唯我独尊ポーズの歌麿様

天井を指差した天上天下唯我独尊

頭側にまわり、お約束のOPIスタンプをお見舞いされ、歌麿様の硬度を上げる

柔らかい飛行船に顔を埋め、FBKのまま僕の脳ミソはヨーロッパへ旅に出る

ガーマンできなーい
ガーマンできなーいよー

と言いながら、FBKの飛行船はイタリアへ向かう

イタリアに着いたら、なんてご挨拶しようか

ボンジョルノ

いやいや

ボナセーラ

いやいや

チャオ

いやいや

ボニッシモ

いやいや

やっぱり

レゴラーレ

だろう

「もうガーマンできな……」

「お疲れ様でしたぁ」

「ファンタスティコーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

帰り道、またカラフルな髪の毛軍団と鉢合わせしました

高田馬場には何人C-C-Bがいるのだ

仕方がないので

「ロマンチックが止まらないをイタリア語で言うたら、イル ロマンティコ ノン シ フェルマなんやで」

と教えてあげました

 

高田馬場メンズエステ「レゴラーレ」はこちら

 

 

高田馬場エリアのセラピストツイッターはこちら

 

☆良嬢さん!素敵です♪
↓↓↓
メンズエステ・セラピスト
「ジョーライブ」でセラピストさんのTwitterを見る

 

☆ゴンザレス歌麿もTwitterやってますよ
https://twitter.com/gigiutmr
フォロー&メッセ、お待ちしてます♪

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。