風俗エステ『新宿回春性感マッサージ倶楽部』 拝啓ぴろき様 貴方のおかげでとても素敵な女の子と出逢うことができました

山手線に乗っていたら、お笑い芸人と遭遇しました

短い髪の毛をチョンマゲにして、デカいズボンをお腹まで上げて

時たま笑点に出てるので覚えていましたが、まさにそのままの姿でした

でも名前までは覚えていない

「チョンマゲ 芸人」で検索すると「お侍ちゃん」が出てきます

最近出てるからなー

仕方ないのでそのまま画像検索に移り、探してみます

すると

下の方にありました

へー

とりあえず、ウィキペディアで調べてみます

へー

「ぴろき」ていうのかー

東八郎の塾にいたのかー

浅草ロック座の専属芸人?

へー

漫才師になって

へー

ウクレレ漫談

へー

へー

素敵です

混じりっ気もなく、まっすぐに芸の道を進んできたのですな

今日は何か、良いことが起こりそうでございます

 

新宿回春性感マッサージ倶楽部

 

お店にお電話リンリンすると、お男性のお店員さんがお対応してくれます

やはり

というか

だよね

というか

お電話登録されているので、いきなり名前で呼ばれました

「歌麿様ぁ、今日はどちらのお店でしょうかぁ? 」

「もすぃもすぃ~、いまね~、新大久保のクロサワ楽器店で、アイバニーズのスティーヴ・ヴァイモデルで森のくまさん弾いてまんねん」

「は? 」

近くのホーテールーを教えてもらい、テクテク歩く

3Kのホーテールーにチェックインをして、女の子を待ちます

それにしてもシメー料3K……

まぁ期待しよう

コンコンコン

来た!

「こんばんわぁ」

Oh……

マジすか

ショートヘアにちょうどええ身長

お顔が小さいので読モは軽くいけるだろう

小動物系でおっとりとした話し方

プニプニのおカラダに大きすぎず小さすぎないOPI

ペルフェクト

シメー料3K取るだけのことはある

「可愛いすぎる……」

「そんなことないですよぉ」

ケンソンしちょる

やっぱり可愛い

おっとりなのに助平なカラダの女の子は、男子を狩人にするフェロモンがある

カラダ中のK2駅が動きまわり、歌麿様に集まってくる

いきなりのGOGOモードだ

75分18K
シメー3K

「でわぁ、まずシャワーですねぇ」

と言われましたが、とりあえず抱きしめたい

こんな可愛い女の子を抱きしめないで何するのだ

服をヌギヌギしながらそんな衝動にかられ、フルティンのままハグハグ

上着とスカート、ストッキングを脱いでいたS嬢はレース姿になっても可愛い

ハグハグ

プニプニ

ハグハグ

プニプニ

ええ肉づき

ショートヘアのS嬢が僕の胸に顔を埋める

あぁ…

可愛い過ぎる

付き合ってるみたい

自然と歌麿様にK2駅が集まる

「勃ってきたよ」

「うふふ」

そのまま2人でバスルームへ入り、卑猥なオッサンのカラダを洗ってくれる

もちろん、おティンポも

それにしても、触り方が慣れている

片ひざを立てて、柔らかい手の平で包み込むようにウォッシュしてくれる

Oh…

FBK……

「気持ちいい? 」

上目づかいで見つめるその瞳は、どこか寂しそうで…

そんな目をされたら、僕は

貴女のこと

守りたくなってしまう

じゃないか……

バスルームから出た僕たちはまた抱きしめ合い、静かに接吻をした

……

………

たまらない

接吻なんて久しぶりにしたがな

いつ以来だろう

チャイエスで「おニーさん、カッコいいネー」と言われながらされた以来だろう

存分にメロウな雰囲気を味わった後、うつぶせになる

がしかし、歌麿様は完全FBKしている

「うつぶせになりづらいよー」

「うふふ」

渋々うつぶせになると脚から丁寧に揉みほぐしてくれる

ふくらはぎからフトモーモー

腰から背中へ一通り圧をかけ、オイリーナに移行する

それにしても上手い

きっちり教育されているのだろう

「上手ねー」

「ありがとうございますぅ」

どうやら、定期的に講習をうけているようだ

なんとも
なんとも

可愛いうえに努力家

やはり、このコも定義に当てはまる

《ジョギングする女の子はスレンダーばかり》

「可愛いコは頑張らなくていいんだよー」

「いやいや、ダメですよぉ」

あぁ…

ますます

可愛い……

彼女にしたくなる

さて

施術はカエル脚に突入する

デリバリーのエステでカエル脚は珍しいかもしれない

時代の流れをキャッチした講習のおかげだろう

その流れでワンワンスターイル

本日のワンワンは、千昌夫もびっくりのシェパードだ!

両脚を開くとOK2の裏から柔らかいお手手がオイリーナとともに侵入してくる

コマネチラインを充分スリスリした後、完全FBKした歌麿様をいじくりまわす

見えない角度から責めてくるので、暗闇の中でシコシコされている感覚

このまま射精してしまいそう

思わず腰をカクカクしてしまった

「気持ちいいのぉ? 」

「き、き、気持ちいひぃ…」

イタズラなS嬢がOK2のほっぺにチューをしてくれる

しかし歌麿様を握るお手手は容赦なく動き、カリ首をカリカリしながら、上下運動をしてくる

「あぁ…あぁ…」

もう

ダメだ

……

「でわぁ、仰向けでぇ」

寸止め海峡冬景色

玉袋の中で発射準備をしていた工場長が、一旦停止の号令をかける

エクスタシーと理性の間をいったりきたりした悶々状態の中、可愛いS嬢が騎乗位スタイルになる

そして

シースルーのレースを脱ぎ

ブーラーをはずす

美しいOPIは大きすぎず小さすぎず

ショートヘアのS嬢は、すこぶるバランスがいい

カラダ全体からERフェロモンが溢れ、完全FBKした歌麿様をおパンティ越しにクネクネスリスリしてくれた

そんなに擦ったら、あーた

出ちゃうじゃないの、あーた

こんな素敵な女の子と結婚したら、毎日のように…

あぁ……

……

下から見上げる巨大なエロチズム

太古の昔の儀式のような

嵐の中、うねりをあげて踊り狂う歌姫のよう

そのまま反転すると、このお店の代名詞でもある「顔面騎乗」をお見舞いされる

眼前に広がる白くて柔らかい物体

Tバックおパンティの向こう側には、踏み入れることのできない秘境があるのだろう

吸い込まれそうな黒い秘部

少しだけハミ出した秘境の闇から、赤い服を着た呪術師が顔を出してきた

……

マハリクマハリタ

ヤンバラヤンヤンヤン

マハリクマハリタ

ヤンバラヤンヤンヤン

……

「うふふふ」

「あははは」

「うふふふ、ここまでおいでぇ」

「やったなーこいつー」

メオトとなった僕たちは笑顔のまま、近い未来の話をしていた

緑色の木々が綺麗な丘の上に小さな家を建てよう

そして周りの白いフェンスには花を咲かせよう

バラがいいいかな

そのバラを手入れしているS嬢を眺めながらこう呟くんだ

「バラの花とフェンスが楽譜のように見えるね」

彼女は微笑みながらこう答えるだろう

「曲ができたら一番最初に聴かせてね」

花をつけているフェンスをカメラで撮影し、パソコンに取り込む

画像を眺めながら、それを基に楽譜に書き起こしてメロディを作ろう

きっとS嬢に似合う清楚でお淑やかで、海のように壮大で

そして優しい曲になるだろう

新大久保のクロサワ楽器で買ったスティーヴ・ヴァイモデルのギターで刻むビートが、青い空に吸い込まれていく

そっとキスをした僕たちは、お腹にやどる小さな命に「奏」という名前をプレゼントするんだ

「素敵ね」

「ありがとう」

……

「森のくまさーーーーーーーーーーーーーーーーーん!」

気がつくと、添い寝しているS嬢に、スティーヴ・ヴァイの早弾きのような手業に昇天していた

「お疲れ様でしたぁ」

「あぁ…白いフェンスのバラが……」

「はい? 」

バスルームでまた綺麗に洗ってくれたS嬢にハグをして

「また来るね」

と伝える

S嬢は微笑みながら小さくうなづき「嬉しい」と呟いてくれました

再訪決定

P.S.
今度、ぴろきにギターをプレゼントしよう

 

『新宿回春性感マッサージ倶楽部』はこちら

 

 

 

新宿エリアのセラピストツイッターはこちら

 

☆良嬢さんの出勤状況もわかるって助かりますな♪
↓↓↓
メンズエステ・セラピスト
「ジョーライブ」でセラピストさんのTwitterを見る

 

☆ゴンザレス歌麿もTwitterやってますよ
https://twitter.com/gigiutmr
フォロー&メッセ、お待ちしてます♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。