水道橋メンズエステ『レルスパ』其の弐 愛してるぜ!俺の車!狂ったハリケーンみたいにガス欠になるまで走るぜ!オッケーしっかりつかまれよ!俺はハイウェイスターだ!

喫茶店で弁護士らしき男と、首に輪っかをはめた男が2人で話していました

声の大きい弁護士のおかげで、店内の人たち全員が経緯を知ることになりました

傷害事件で上司を訴えるとか

パワハラとか、今でも普通にありますもんね

見た目はサラリーマンっぽいですが、黒ブチメガネをかけて、もさっとした感じの被害者の男

社内ではなく、外で暴行されたみたいですな

訴えるってことは会社辞めるのか

辞めないのか

あれもこれも、と弁護士がアドバイスしています

過去のことも掘り起こして、裁判にのぞむのか

サラリーマンは大変だ

会社辞めたら、どうするのだろう

YouTuberにでもなるのかな

弁護士に、もう少し会社は休んでてくださいって言われてる

上司を辞めさせるのか

それとも、おとなしくさせるためなのか

それにしても、あの首の輪っかって、なんて名前なのだろう

ずっと考えていましたが、全く思い出さないので検索してみることに

ふむふむ

頚椎固定装具

というのが正式な名称の様です

頸椎固定シーネともいうらしい

へー

知ったところで、だから何? なのですが……

今度、頚椎固定装具をおティンポにつけてみよう

整形外科に行って、もらってこよう

そうすれば、ズボンが盛り上がってデカチンに見えるし、街を堂々と歩ける

「あの人、おっきぃ~」

「ステキ~」

と黄色い声援が飛んでくるだろう

楽しみだ

なんて楽しみなのだ

そんなことを妄想しながら、相変わらず派手な入口から、ERベーターに乗り込み、上へ向かいました

 

水道橋「レルスパ」

 

受付に料金を支払い、靴を預け中へ案内される

お出迎えしてくれた巨NEWのM嬢が、お手手を繋いでお部屋まで連れてってくれる

造り的に、シェアハウスっぽい

リビングでくつろいでいたところに美女がきて、一緒に消えていくみたいな

あら?
あの2人、仲がいいようで

的な

お部屋に入るとソファに腰掛け、お茶を一口

小顔
巨NEW
クービーレー

からの

細いアンヨ

ペルフェクト

「可愛いね」

「ありがとうございますぅ」

服をヌギヌギし、シャワールームへ向かう

今日は何秒にしようか

シャワールームの扉が開いた瞬間にタオルを外し、それと同時にお湯を浴びる

そしてタオルでフキフキしながら、T紙Pを装着する

ベテランメンエスターらしい早シャワーで外へ出た

「早いですねぇ」

「可愛いコの時は1分でも1秒でも……」

またお手手を繋いでお部屋へ戻る

柔らかいお手手だ

これからこのお手手でピチョピチョぬるぬるスリスリしてくれるのか

そう考えるとK2駅がコ・カーンに集まってしまう

「でわぁ、うつぶせでぇ」

半BKのまま、うつぶせになると、ほぐしではなくオイリーナからスタート

たぷーりのホットオイルをふくらはぎから丁寧にスリスリヌリヌリ

にゅるにゅるにゅるにゅるとフトモーモーまで伸ばし、マタグーラーまで到達するとまたにゅるにゅるにゅるにゅるとふくらはぎまで戻っていく

柔らかいお手手と温かいオイルが僕の脚を敏感にしていき、次の展開を待ちわびる

「ストレッチやりますねぇ」

「ヒトリエッチ? 」

「…………」

若い女の子にオヤジギャグを言う時は、そうとうな覚悟が必要だ

スベると次のギャグは慎重になる

しばらく静かにマッサを受けました

脚をジョジョに折り曲げながら、大きなOPIから可愛いほっぺの順に背中にミチャーク

ストレッチされた気持ち良さと、背中に感じる至極の感触にカラダ中の神経が複雑になっている

脚に集中したらいいのか
背中に集中したらいいのか

どちらにしても

「気持ちいいよー」

「うふふ」

至近距離で感じられるステキな「うふふ」

抱きしめたい衝動にかられましたが、脚をキメられているため身動きがとれない

仕方なく身を任せることに

そして、OK2をコネコネグニグニマッサ

からの、裏コカーンをチロチロイジる

もっと奥に
もっと深く

心の叫びも虚しく、腰から背中へのオイリーナに変わってしまった

スリスリヌリヌリ

スリスリヌリヌリ

スリスリーーーーー

ピト

ぐにゅぐにゅ

再び背中に感じる柔らかい感触

大きなOPIは

地球を救う

まつがいない

腕のストレッチで、さりげなくOPIの大きさを知れた後、次の施術へ移る

「でわぁ、カエル脚でぇ」

カエル脚ね

書いてていつも思いますが、いま当たり前のようにメンエスで使われている「カエル脚」の語源は僕のブログからだろう

第一世代や第二世代のブロガーさんたちも使ってなかったはず

初出のレポを探してみましたが、多すぎるのであきらめました

発祥はハワイ系のお店だと思いますが、当時は「脚曲げてくださぁい」という感じで「カエル脚」とは言ってなかったのだ

セラピちゃんに言われるたび

オレが考えた言葉使ーてる、使ーてるぅぅー

と1人で興奮しているのだ

年々進化しているカエル脚テキニッキ

皆様それぞれ試行錯誤したのでしょう

リンパを流すのと同時に気持ちのいいギリギリチョップ

その流れでワンワンスタイルへ移り、歌麿様を完全FBKへと誘った

たぷーりのオイリーナでスリスリヌリヌリ

さらに

スリスリヌリヌリ

からの

クロスチョッパー

Oh……

ナイスバッチ

「気持ちいいよぉぉぉ」

「うふふ」

ワンワンスタイルからミラーマンに向くように指示され、MGカイキャクになる

完全FBKの紙Pを見せつけながら、後ろからオイリーナしてくれる

卑猥な姿を見せつけられた僕のハゲ頭が、気持ち良さと反比例するように、さらにハゲていく

「おっさん、恥ずかしいっす……」

「ステキですよぉ」

半分以下の人生しか生きていない若者に責められる

MGのM男は完全にMちゃんのシモベと化した

「でわぁ、仰向けでぇ~」

待ちわびた仰向けコール

脚のオイリーナから膝立てで大きなOPIを感じられ、その流れでストレッチしてくれる

そして、お胸からホッペの順で僕にミチャーク

嗚呼……

脚はストレッチでも、カラダはソイネー

嗚呼……

このまま、地球が滅亡しちゃえばいいのに

ここで人生を終えられたら、僕は幸せモノだ

「チューしたい……」

「ダメですよぉ」

流れるような責めは続き、頭側にまわり込んだM嬢は、オリエンテーリングのスタンプを押してくれる

水道橋のスタンプは、大きなボールとそれに反応したカチカチのバットか?

東京ドームを意識したスタンプなのか?

それにしても

柔らかい……

顔に覆いかぶさる大きなOPIスタンプ

世界で一番幸せな窒息死を迎えるかと思いきや、歌麿様まで届くヘッドスライディング

ピクピクしちゃうがな

ぶっ生き返しますがな

「ありがとう」

「はい? 」

再び脚側にまわり込み、Aスタイルの間へ入る

タプーリのオイリーナが縦横無尽に動き、テントを張ったT紙Pがガーマンジールーで溶けそうになる

ナイス

ナイス

ナイスですね

しかし幸せな時間はそれほど続かず……

ゆっくりとオイルを手にしたM嬢がこう伝えてきた

「もうそろそろお時間で……」

聞こえないフリをした僕は、腰をカクカクさせる

もっと奥に

もっと深く

さらに腰をカクカクさせる

もっと奥に

もっと深く

もっと奥に

「もっと深く……」

「お疲れ様でしたぁ」

「ディープパーポーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

 

今日も東京コ○ドームに停めた僕は、車に乗り込む

今日の車は、180SXtype3だ

ハイウェイスターの後にカーラジオから流れる「おっぱいがいっぱい」を聴きながら、僕は今日の巨NEWちゃんを頭の中で反すうするのでありました

水道橋メンズエステ「レルスパ」はこちら

 

 

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。