代々木メンズエステ『ホオズキスパ』 何が足りない、どこが良くない、どんなに努力し続けても興奮するのは AH 結局、何でも知ってるお姐様

大人のイメージにぴったりのホオズキ

ついつい語源を調べてしまいました

諸説いろいろあるようです

「果実から種子だけを取り除き、皮だけにしたものを口に入れて膨らませて鳴らす遊びがあることから「ほほつき(頬突き)」とする説」

「実が火のように赤いことから「ほほつき(火火着)」とする説」

などなど

「果実から種子を取り除き」という部分が、どうしても陰部や卵子を思い出してしまいます

「皮だけにしたものを」という部分も小陰唇や大陰唇を連想させるし

「皮だけにしたものを口に入れて」という部分なんて、アソコのビラビラをおっ広げてレロレロと愛撫する、と書いてあるようにしか見えない

「膨らませて鳴らす遊び」とかマジウケ過ぎです

アソコに空気を入れて、バブっ!バブっ! て鳴らす遊びだなんて

そりゃ、火照ってしまいますわ

もう、ホオズキ見たらFBKしそうです

そんな店名なので、行く前からガーマンジールーがドバドバ

ズボンのコ・カーン部分を濡らしながら、僕は代々木のマンソンへと凸乳しました

 

代々木「ホオズキスパ」

 

扉が開くと、黒のお洋服でターニーマーをプルプルさせたA嬢がお出迎え

「こんにちわぁ」

「ズボンを濡らしてしまいました」

「元気ですねぇ」

優しいA嬢は、どろんこ遊びをして帰ってきた子どもを迎え入れるように、お部屋へ通してくれました

90分14K

汗まみれになったTシャツをハンガーにかける

90分あれば乾くかな

今日のTシャツは「金田ぁ〜、鉄雄ぉー!」と書かれているお気に入りのAKIRA Tシャツだ

「でわぁ、シャワーどうぞぉ」

アブラムシ並のギトギト脂とガーマンジールーを洗い流し、巨NEW姐さまの元へ戻る

もちろん、2秒以内

ピンキーなヨコスカ紙Pは、ヒーYさを増長させます

ミラーに映る変態的姿

このまま代々木駅経由で新宿まで走ったら、どうなることでしょう

また代々木で事件か!
と冷やかされることでしょう

そんなこんなでうつぶせーナ

全身にタオルをかけてのほぐしからスタートです

「よろしくお願いしまぁす」

と、そっと手を置き、静かに柔らかいカラダを押しつけてくれる

ナイスなファーストタッチ

少しお姐さまだと思われますが、OPIにハリがある

素晴らしかミチャークに、尿道も遠慮なくガーマンジールーを運びはじめた

タオルをはがすと、脚からオイリーナが開始される

ふくらはぎを細やかにグイグイし、上へ上へとリンパを流す

そしてフトモーモーを通り、オーマーターへと切りこむ

ちょうどいい圧と、柔らかいお手手

スカスカのヨコスカ紙Pの間をくぐり抜け、戻っていく

普通に気持ちがいい

反対の脚も同じようにスリスリヌリヌリ

ゆたーりマターリしたテキニッキと、癒し系のセクシーボイスに腰をカクカクさせてしまった

「気持ちいいのぉ? 」

「気持ちいいよー」

そこからジョー阪神へと移り、腰から背中をスリスリヌリヌリ

肩や首も丁寧にマッサしマッサしてくれる

脚のオイリーナからは、流れ的にカエル脚かと思いましたが、まさかのジョー阪神

もしかして、ド健全のノーマルマッサのみか?

てもみん風なのか?

どうなんだ?

ど、ど、ど、ど

どうなんだ?

そこから頭側にまわり、肩や背中をスリスリしてくれる

スリスリしながら、大きなOPIを後頭部にスリつけてくれる

Oh

これは、もしや?

何度も何度もスリつけてくれる

後頭部でも感じられるハリのあるOPI

気持ちがいい

やはり

ド健全ではなさそうか?

そんな心配をよそに、また下へと移りカエル脚が開始

「心配したよー」

「何がぁ? 」

カエル脚になった時にできるスカスカの隙間に、丁寧に切り込んでくる柔らかお手手

スリスリ

ヌリヌリ

スリスリ

ヌリヌリ

カラダ中のK2駅が一点に集まり、僕のホオズキが赤く膨らんでくる

男子の心をわかってらっしゃる

さすがは大人だ

ミラーマンに映る絡み合う姿が、歌麿絵巻に見えてしまう

これをデッサンしてみたい

そしてそれを日展に出品してみたい

きっと、特選くらいは授賞できるだろう

そして授賞式は、ヨコスカ紙P一丁で出席しよう

新聞記者に「なぜ紙P一丁なのですか? 」と聞かれたら、こう答えよう

「デロリアンとポロリアンは紙一重」と

上から下から切り込むお手手が、縦横無尽に動く

ナイス

ナイス

ナイスな感じで

F…

B…

K……

「でわぁ、仰向けでぇ」

ソッコーで反転し、大きなOPIを再確認した

やはり、大きい

間接照明に照らされたA嬢が妖艶に写しだされ、優しく微笑んでいる

頭側にまわり、デコルテからのお約束OPIスタンプをおみまいしてくれた

柔らかい

お腹の減った鯉のように口をパクパクする

届かぬOPIと、優しい言葉

「うふふ、ダメよぉ」

お姐さまセラピさんは、どこまでも優しい

サイドに移ると、ウチモーモーをスリスリヌリヌリしてくれる

ドバドバとオイルをつけ、何度も何度もスリスリヌリヌリしてくれる

スカスカの紙Pにも切り込んでくれるナイスなテキニッキ

すでにピンキーな紙Pが、ガーマンジールーでスケスケになっていた

「スケスケよぉ」

「ガーマンでーきなーいよー」

「うふふ」

また優しく微笑んでくれる

サイドから脚側に移動すると、立て膝にした脚をスリスリヌリヌリ

そこから流れるようにカエル脚

歌麿様はもう何分も完全FBKだ

またもや腰をカクカクする

「ガーマンでーきなーいよー」

「うふふ」

ピンキーな紙Pをガーマンジールーで溶かしてしまおうか

ドバドバ溢れるヒーYな液体は、とどまることを知らない

A嬢に触られるだけで溢れてくる

優しくて

柔らかくて

OPIが大きい

ステキなA嬢

このまま時が止まればいいのに

「時間を止めてください」

「うふふ」

「時間を戻してください」

「うふふ」

「タイムマシンを……」

「うふふ」

「僕にくださーい! 」

「お疲れ様でしたぁ」

「ファック・トゥ・ザ・ティーチャーーーーーーーーー!」

帰り道、ホオズキを吹いている少女を見かけました

オカッパ頭で花柄の浴衣を着たその女の子は、僕を見て微笑んでいる

あまりにも偶然なので、思わず話しかけてしまいました

「お嬢ちゃん、おじさんもさっきまでホオズキと戯れてたんだよ」

そう伝えると少女は

笑顔のまま、空へ消えていきました

 

代々木メンズエステ「ホオズキスパ」はこちら

 

 

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。