池袋風俗エステ『ごほうびSPA』其の壱 2つの胸の膨らみは何でもできる証拠なの、と歌っていた中学時代を思い出す今日この頃

グルグルまわる山手線は、相変わらず騒々しい

Tシャツ1枚にフルティンという姿で座っているが、まわりはガヤガヤ

クーラーは効いてるはずですが、皆々様の熱視線でムシ暑く感じる

その時

腰の曲がった1人の老婆が目の前に現れました

「おやおや、涼しそうな御召し物で」

僕のオサレセンスに引き寄せられたか

「お婆様、お目が高いですな」

「おほほ」

「ふふふ」

「おほほ」

「んふふふ」

「おほほほほ……」

「お席どうぞ」

「あら、すみませんねぇ」

席を譲った優越感に浸り、池袋駅に降り立つ

なんて良いことをしたのだろう

自分で自分を褒めてあげたい

こんな良いことをした後は、ムッシュムラムラしてくる

ステキな自分に、ご褒美をあげよう

ふとスマホをみると、オイルまみれになった巨NEW女子がわんさかいるホームページを見つけました

僕はすぐお電話リンリンし、北口をテクテク歩く

すでに半BKしてる歌麿様が、あっちだ!あっちだ!と案内していました

池袋発「ごほうびSPA」

いつものホテルに入り、女の子を待ちわびる

待っている間に観るAVで、ガーマンジールーが上昇してきた

テレビに映っている男性のように、今日もどこかで誰かが勃起してるのだろう

今日もどこかで誰か射精してるのだろう

今この瞬間も

あっ!

ほら出た!

あっ!

また出た!

あっちでも

こっちでも

北から南まで

今日もどこかでシャセーマン

今日もどこかで

シャセーマーン

コンコンコン

デビルイヤーを働かせ、AVの音とノックの音を聴き分ける

扉を開けると、悪魔的なOPIミサイルを搭載したM嬢が優しく微笑んでいました

「いらさませー! 」

大陸系中華男子のように元気に挨拶する

「こんにちわぁ」

きめの細かいお肌とあどけないお顔から、まだ20代と推測される

しかし、幼いフェイスとは裏腹な超攻撃的フォルム

まさに

ダイナマイト!

ボデー!

このダイナマイトボデーが、ヌルヌルのテカテカのニュポニュポになるのか

なんて楽しみだ

マンソンメンエスは冒険心を駆り立てられる

しかし、この手のお店は100%ヌキの、その向こう側への冒険がある

男子はいくつになってもトムソーヤなのだ

60分18Kくらい

簡単なアンケートに書きこみ、さっそく服をヌギヌギ

早くシャセーマンしたいものだから急いじゃって

勃起したおティンポがパンツに引っかかって

バイィィーーーーーーーーン

となってしまう

「元気ですねぇ」

「あは、あはは」

我ながら中学生並の感度に感動する

一緒にヌギヌギしてシャワーという流れかと思いましたが、どうやらお着替えを見せない主義らしい

恥ずかしがり屋さんか?
それともお店の方針か?

「先にシャワー浴びててくださいねぇ」

仕方なく、お一人シャワーでアブラムシの汗を流す

これからいっぱいOPI可愛がってもらう歌麿様も、ボデーソープでピカピカに仕上げる

しばらくするとバスルームの扉が少し開き、M嬢がつぶやく

「浴槽に腰かけてくださぁい」

M嬢に背中を向ける形で腰かける

何が始まるのか?

「失礼しまぁす」

大きなOPIがプルプル動いているのがわかる

しかし僕は小心者【区分:助平】

振り返らず、M嬢の指示通り浴槽に腰かけた

「アワアワしますねぇ」

背中からアワアワをつけ、スルスル伸びてくる柔らかお手手がB地区を通りすぎ戻っていく

フトモーモーにも伸ばし、そのまま戻っていく

「でわぁ、立ち上がってくださぁい」

OK2裏から手を入れ、再度フトモーモーをアワアワして、また戻っていく

Oh……

ノータッチウタマーロ

焦らシックウタマーロ

それなのに歌麿様は

F…

B…

K……

なんてこったパンナコッタ

「でわぁ、あがりましょ~♪」

勃起した歌麿様を丁寧にフキフキし、移動する間も優しく接してくれる

M嬢はユニフォームに着替えてくるとのことで、隠れるようにバスルームへ向かった

ベットに敷き詰められたら茶色のタオル

そして、2つのオイルボトル

ここから始まるであろうヌルヌルの攻防戦に、またガーマンジールーが上昇してきた

つづく……

 

 

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。