関内『ロココ』セクシーぽってり唇

横浜のER友達と出会ってから15年

最初に紹介されたのは、へーるーす―のバッ◯カ◯パニー

しばらく通いましたね

そのグループのポイントカードもあったし、タマると一回タダになったり…
(´Д`)

それから関内辺りで飲むたび、横浜関内エリアの夜事情を酒の肴にしています

関内「ロココ」

なでしこエステでちょっといい感じのお店ができたらしい

まだ友人も未凸らしいので、僕が先に凸ることになりました
(´Д`)

週エスを見たで予約電話

エステナビにはまだのってない

アメブロだけか?

担当はI嬢

若い

でも店長らしい

モチモチした肉感…

ポテっとした唇…

OPI…

OPI…

もしも僕がランディ・バースなら、ライトスタンドにホームランを打っていたであろうドストライクな女の子だが、残念ながら僕はバースではなくゴンザレス歌麿【区分:助平】だ
(´Д`)

「きっと満塁ホームランですよ」
「何それー?」

お茶をいただき最初に簡単なアンケートを記入

内容は普段運動をどのくらいするか、タバコは吸うか、アレルギーなどについて

アンケートよりも、このI嬢へ恋文でも書いてしまおうかと思いましたが、僕は不器用な助平なのでやめておきました

「週エスだと10分サービスって書いてあったんですけど…」

とドキドキしながら伝えてみると、そのポテっとした唇を静かに動かし

「大丈夫ですよ♪」

と優しくこたえてくれた
(´Д`)

ハートを弓矢で撃ち抜かれ、その撃ち抜かれ穴にチューリップの球根を埋め込まれた感覚だ

90分+10分サービスで13K

使用するアロマオイルの種類についても選ばせてもらえますが、やはりここは無香料のものを選ぶことに

ワーシャーを浴びて紙P

うつぶせーナから優しいタッチとゆったりとした会話でマッサ開始

話の流れの中からどこが疲れているかを自然に聞き出している

自然体な女の子…

やはり恋文を書くべきだったか…

肩や背中、頭など重点的にマッサしマッサ

実は頭のマッサも顔マッサと同じくらい好き

僕がヅラになっても、いちいち外してマッサしてもらいたいくらい好きス
(´Д`)

優しい口調と柔らかい手の平で静かにマッサが続く

万年寝不足の僕は、たまに意識を飛ばしながらも癒し系の波長に心を包み込まれていた

「お疲れのようですね♪」
「いくら疲れていても、君がホームランボールに当たりそうになったら体を張って守りぬくよ…」

マッサ後、紅茶を出していただくと「午後の紅茶」の昔のCMを思い出した

あのミポリンが出ていたCMを思い出すと初恋のことを思い出す…

なんだろう、この感覚は…
(´Д`)

ゆったりとした100分…

柔らかい手…

優しい口調…

ポテっとした唇…

今度生まれ変わったら、I嬢の唇になりたい…
(´Д`)

再訪決定…

関内「ロココ」でモコモコポヨポヨ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。