御徒町チャイエス『エタニティ』 ここはビックリハウスか? それともペロペロハウスか? 真相は凸乳した貴方にしかわかりもはん

噂のお店に行ってきました

古き良き時代の造りと施術

昔ながらの雰囲気を味わうには、ちょうどええお店

「百聞は一見にしかず」
という言葉を考えた人と飲みに行きたい

ということで、見慣れた街のお店に凸乳

御徒町「エタニティ」

ロゴマークが懐かしい

扉を開けると、ぽっちゃっとした女の子が登場

このコが担当か?

いや、服が普通だから違うコだろう

でも、お金を払ってから着替えてくる、というパターンは数多い

他の女の子な気配は……

ありそう

でも、なさそう

待機してても順番制でこのコか?

どうなんだ?

どうなんだ?

90分にプラス10分のサービス
100分12K

しかし、このコ、なかなか対応がいい

ニッポン語も上手いし、笑顔もいい

まぁ、何が起きても構わない

この際、女の子は誰でもいい

「こちらへどうぞぉ」

カーテンを開けると、完全無欠の美人さんが待ち構えていました

「こにちわぁー」

担当はナイススタイル&美人フェイスのK嬢

いわゆる一つの、パーフェクト超人だ

「可愛い過ぎるやろ」

「そなことないヨー」

目、鼻、口

輪郭からの配置バランス

母上のお腹の中でどんなことをしたら、ここまで完璧フェイスになるのだろう

事前にTwitterを見てましたが、このコはそこに出てた女の子

ちょっとしたタレントのようだった

そんなコと、メディカリーなホスピタリティーなこのシチュエーション

カーテン1枚で隔たれた夢と現実

期待に胸とコカーンを膨らませ、服をヌギヌギ

昔ながらのお店のように、至近距離で待っていると思いましたが、そそくさと戦隊の準備へ行ってしまいました

「でわぁ、行きまショー」

タオル1枚で店内を移動する

この感覚、やはり懐かしい

小綺麗なアカスリ台でうつぶせになると、大量のアワアワをOK2に乗せ、そのままスリスリヌリヌリ

定番のケツメド縦ラインも指でシュピシュピ動かし、お玉様もコロコロコミックしてくれる

ヨカ

仰向けになっても丁寧にアワアワスリスリ

お腹の上から全体に伸びるお手手は、歌麿様も輝かせてくれる

暑い日の熱いウォッシュが熱盛だ

もちろん

FBK……

「でわぁ、お部屋戻りまショ」

BKしたままタオルを巻いて、またお店の中をそそくさ歩く

めっちゃタオル膨らんでるやん

タオルの中にカジキマグロでもいるんかい

素早くカーテンを開け閉めし、タオルを取る

うつぶせーナになり、全身を軽く指圧した後、オイルマッサに移行する

スリスリヌリヌリ

スリスリヌリヌリ

ふむふむ

おみ脚を丁寧にマッサしマッサ

腕前はなかなかですわ

そんなことより別なことへの興味で、アタマの中はいっぱいでした

こんなペラペラカーテンと薄壁で囲われ、明るすぎず暗すぎない店内

布1枚の向こう側にいるぽちゃぽちゃ受付嬢に声すら聞かれぬよう、ヒソヒソと助平な言葉を並べる

いまだ中学生レベルの脳ミソは、過去に観たマッサ系のERビデオを、脳内で再生しまくるのでした

「今度一緒に浅草行きたいわぁ」

とか

「浴衣姿を見たいねん」

とか

「可愛い過ぎるから、腰が勝手に動くねん」

とか

こんなことをしてる僕に

「アナタ助平ネー」

と言われる

過去に何千何百と言われた言葉

ゾクゾクする

僕にとって最高の褒め言葉

それを聞くと、また腰を動かし始めた

「マットに穴開いちゃうヨー」

ジョークも一流の美人さんだ

結婚したら毎日下ネタを言い合える

素晴らしかラスカル

入店前に飲んだレッドブルの影響からか、ジョジョに息づかいが荒くなる

仰向けコールセンター後にオイルマッサされると、心の臓のバクバクが止まらない

どうしたどうした?

美人さんを目の前にして、キンチョーしてるのか

綺麗なフェイスに笑顔が加わると、美しさが倍増する

おみ脚やら、おデコルテやら…

さわられるたび、触覚が研ぎ澄まされていく

タオルをかけたり、外したり、マッサしたり……

また、かけたり、外したり、マッサしたり……

いつの間にか、歌麿様部分がオープンされる

タプーリのオイルと可愛らしい笑顔……

遠い昔、砂場で遊んだ棒倒しを思い出す

棒のまわりの砂を少しずつかき集め、倒れないようにする

そんな手の動きとは逆に、ますます元気になる歌麿棒

倒れそうで倒れない

てゆーか、倒れるわけない

歌麿棒からガーマンジールーが溢れると、さらに強固になる

「こんなんなっちゃった」

「うふふ」

美人さんに歌麿様を見つめてもらう

美人さんでも、おティンポ眺めるのね

なんか嬉しい

蝶や花を眺めるのと同じくらい、眺めてくれる

「そのままメーナーしてもヨカトよ」

「はい? 」

「そのままメーナーしても……」

「はい? 」

「そのままペロペロハウスしても……」

「お疲れ様でしたぁ」

「おカッチカチマチーーーーーーーーーーーーーーー!」

帰り道、ネットカフェに寄った僕は、ペロペロハウスを最後まで見ました

こんなシチュエーションがあったら、男は99%フェラーリしてもらうでしょうね

 

御徒町アジアンエステ「エタニティ」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。