鶯谷発『ミントハウス』

久しぶりにニポーリにきてみました

引っ越す前は必ず通っていた駅だったのに…

いつも通り抜けていた改札を出て階段を降り、

そのまま真っ直ぐレンタルルームへと向かいました

鶯谷発「ミントハウス」

初めてニポーリのレンタルルームの2階に上がってみました
(´Д`)

見た目はなんだか手作りの建物なんじゃないか?と疑ってしまうような雰囲気

階段もギシギシいってるし…
(´Д`)

そんな中、グラマラスなA嬢が登場

60分13K

「ワタシ実は初出勤ヨー」

ほーほー
(´Д`)

「お客さん、いっぱい教えテ」

ほーほー
(´Д`)

逆にこれはチャンスかも…
ERER教授になって、いいことをいっぱいOPI教えてしまおうか…
(´Д`)

さっそく全ラーになり、2人でワーシャータイム

歌麿様をニギニギ洗ってくれるが、何だか手つきがERい

「おっきくなっちゃったネー」
「ウホウホ」

とか言いながら腰をフリ、セー欲満タンであることをアピールすると

「ここナメると気持ちイイ?」
「ウホウホ」

あ…

あ…

ワーシャールームでのFーラーに興奮度が一気に上がる
(´Д`)

ベッドに戻り、うつぶせーナになるも、カチカチの歌麿様が元気過ぎてできない

なので、仰向けーナからのFーラーからのジュポジュポナーゼ

「気持ちイイ?気持ちイイ?」
「ウホウホ…ウホウホ…」

「気持ちイイ?気持ちイイ?」
「ウホウホ…」

「気持ちイイ?気持ちイイ?」
「ウホ…」

「ウ…ホ…」

(´Д`)

「マッサージしてあげるヨー」

あぁ…

心にゆとりができる…

興奮しながらマッサを受けて、ジョジョにせまりくる欲ボーを堪能するのもヨカですが、電光石火の欲ボーぶちまきもヨカ
(´Д`)

「前は巣鴨にいたんだヨー」

なんとも!

それならば、もっとセメればよかった
(´Д`)

やはり、ニポーリならば猛獣と化すべきだった…
(´Д`)

ハリボテのようなレンタルルームを出ると、すでに夜のニポーリになっていた

久しぶりに来たニポーリの夜空を見上げると、何も変わらない空がある

精子の数ほどの星は、東京では見れない…

とかなんとかつぶやきながら、ニポーリの闇に消えていきました

鶯谷発「ミントハウス」でミンミン打破でワッハッハ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。