横浜『横浜回春亭』完全版

横浜にはたびたびきちゃいますな
(´Д`)

別にスタジアムに行ってキヨシを観ているわけではないですが…

横浜の女の子には、洗練されたホンモノの都会感を感じます

なんでだろ?

元々、人妻好きの僕

「人妻」という素晴らしい響きは、今の500倍セー欲がみなぎってた高校生の頃から大好きでしたね

しかし、千葉の港町で見る人妻は僕の求めている「人妻」ではない

荒波に立ちむかうたくましいおばはんばかり…

横浜に来ると素敵な人妻さんに出会える

高校生の時のようなトキメキが、僕の心にわいてきますね

同じ港町でも、だいぶ違いを感じます

横浜「横浜回春亭」

受付所までお電話でナビしてもらうと、和風の雰囲気の建物が
(´Д`)

その場で割引料金の60分10Kにトーップレース1Kを支払う

「女の子のご用意ができました」

と言われ外に出ると、セレブが着ているような肌触りのいいシルクっぽい花柄ワンピースに身を包んだT嬢が、オシトヤかに待っておりました

「こんばんわぁ」

岡江◯美子をERくした感じの上品なセレブ妻様は、優しく僕の手をとり、目の前にあるラーブーホーへと誘うのでありました

「歳上が好きなのぉ?」
「う、うん」
「あらぁ、なんだか申し訳ないわぁ」

ERフェロモンムンムンな雰囲気で、僕の歌麿様をズボンの上から優しくなぞってくる

「あらぁ、元気になってきたわぁ」

半BKのままホーテールー代を支払い、ERベーターに乗り込むと、フェロモンムンムン子さんは再び歌麿様をなぞり始めた

「もうカチカチだよ…」
「もうすぐいいことしてあげるからねぇ…」

お部屋に入るとお風呂の準備を手際よく始める

湯舟にお湯をためる音を聞きながら、ムン子さんはソファに座っている僕に寄り添い、優しくベルトをユルめる

僕のズボンのチャックをおろし始めると、半BKの歌麿様がパンツを持ち上げ始めていた

「ちょっと大きくなってるわよぉ」

ERい瞳で僕の顔をノゾキこむようにしながらも、ムン子さんの柔らかい指先はパンツの中にある歌麿様を探し始める

優しく握られた歌麿様は硬度を増し、ER過ぎるこの横浜の人妻様に助平心をワシ掴みにされ始めていました

ワーシャールームに移動し、「壁に手をついてぇ」と優しく言われる

泡まみれになっている僕のOK2をなぞり始めると、そのまま後ろからFBKの元気麿を手で包みこみ始めた

根元から先端へ…

先端からコーガンへ…

有り余るテクニックを小出しにしながら、僕の興奮度をジョジョに上げてくれる
時の流れが止まりそうな感覚だ…

ベッドに移っても尚、FBKを続ける僕にいきなりワンワンスタイルを求め、相変わらず優しく柔らかい手がカラダ全体をなぞってくれる

指先から腕、そして肩から脇腹…

足先からふくらはぎ、そして太ももへ…

カラダ中の欲望が僕の中心に集まる感覚

ムン子さんは卑猥な言葉を投げかけながら、さらに僕の興奮をあおる

すでに白いベッドには、卑猥な液体が数滴垂れ始めている

先端は驚くほど赤く、いまにも破裂しそな感覚にすらなってしまう

仰向けになるとムン子さんの綺麗な乳房がハッキリと見えた

その艶っぽい乳房を揺らしながら僕のB地区をナメまわし、そっと添い寝をすると、いまにも暴発しそうな元気麿を柔らかい手で包みこみ始め、

「いっぱい出したい…?」

と聞きながら、そっと上下に白い手を動かし始めるのでありました

「………」

横浜の人妻様…

日常生活では味わえない竜宮城的空間…

10代のころ観たAVのような世界…

「いっぱい出たねぇ…」
と優しく言ってくれた人妻様の言葉が脳内で反復すると、再び元気麿になってしまいそうだ…

横浜「横浜回春亭」でワンワン亭

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。