新橋『アロマドリームス』

前回の続きです…

受付で、
「このコースは週エスだけ」
と言うので、70分10Kを選択

この場所は~、という気はしてましたが、安め◯みのようなH嬢が撫子だとわかると、完全に昔のお店とは違いますわな
(´Д`)

和室!て感じのこのお部屋は、ちょっと「飛」を思い出しちゃいますね

ワーシャーを浴びて、うつぶせーナ

が、目の前にティッシュ箱…
(´Д`)

楽しい…

楽しい過ぎる…
(´Д`)

薄暗い灯りに和風のお部屋
安め◯みのようなお顔にコンモリOPI

あぁ…
全身の毛穴がコーモンになりそう…

あぁ…
全身のコーモンから、かりんとうが出そう…

優しそうに話す安子ちゃんの声が、僕の敏感になった耳に入り、鼓膜の奥からもエク◯タシーを感じてしまう

マッサージをされているのか、宇宙空間に浮かんでいるのかわからない程、僕の脳ミソがカニミソスープのようになってしまった
(´Д`)

T紙Pをコンモリさせながら仰向けーナ

もー、オイタをするか結婚をするか、どっちかしないと気持ちがおさまりそうもない

コンモリしたターニーマーが僕を挑発する

僕も、アメリカのプレイメイトのような目で
「カモ~ンカモ~ン」
と挑発する

ローズの香りのオイルで、丁寧にお腹まわりをヌリヌリしてくれますが、すでに僕の全身はコーモン化している
(´Д`)

「そうそう…カモーン…カモーン…」

徐々にコマネチラインにお手手がくると、さらに金髪をフリ乱す歌麿メイト

「OHーYES!OHーYES!」

「気持ちいい?」

「ニャーー!」

気がつくと、またSL広場で機関車のエントツを眺めていました

この優しく静かな気持ちと、ユッタリとした感覚は安子ちゃんのマターリとした不思議空間のおかげでしょう

このレポを書きながら、再びアロマドリームスに向かってしまう僕の
「安め◯みみたいな完全オキニの安子ちゃんの心の補完計画」
が、静かに実行されようとしています

結婚式は、海の見える丘の上の小さな教会でひっそりと挙げますわ
(´Д`)

再訪レポは来週アップします

新橋「アロマドリーム」でシュッシュッポッポッシュッシュッポッポッ