赤坂『アリエル』 後編

続きです…

お部屋にチョコンと置いてある紙Pを、ヤギのように食べてしまいノーPでうつぶせーナ

穴開きベッドに顔を突っ込むが、貫通した穴開きではないので、
フガフガしてしまいました
(´Д`)

うつぶせーナになると、お約束通りの女の子が入ってきて、カナコちゃんがお背中をマッサ

もう一人のコが足裏マッサ

うつぶせーナでしたので、もう一人の女の子のお顔もOPIも見れなかったのは残念無念知念何でやねん
(´Д`)

王様コース童Tの僕にとって、この4本でのマッサは初体験であり、
僕の童Tを奪ったこのお店は一生忘れなれないランキングに入ったのでした

ワンピースのロビンちゃんが脳ミソを駆けめぐる

手、手、手、手、手…

「失礼しまーす」

と、嵐のようなお約束の10分が過ぎ、やっとカナコちゃんとマッタリ
(´Д`)

コリまくってる肩やケンコー骨のまわりを、グイグイ押してくれる

しかし僕の神経は、背中にかけられているタオルとタオルのスキ間からちょっと出ている僕の肌と、
背中の上で一生懸命マッサしてくれているカナコちゃんの内モモが「ピトッピトッ」と当たるのが、
たまらなく気持ちよく、下になってる歌麿様がひそかに反応し始めたのが、わかるようになりました

ちょっとサワサワ

「んふふ♪」

いい感じ
(´Д`)

「じゃあ、ワンワンネー」
とワンワンコールセンター
「んーんー」

完全に、中二の時に見たワンワンのようになってしまう

「んーんー」
と言ってると、

先っぽをカスった!気がした
(´Д`)

ノーPの解放感が、僕の心の中のワンワンを走りまくらせる

完全なる硬度に達してからの仰向けコール

オリジナリティあふれる首マッサで、さらに硬度を増した元気麿をタオルからはみ出させ、
モーレツアピールしながらも…

「時間ヨー」
「かなこぉぉぉ~~おぉ」

ここのお店はももクロちゃんのコンサートみたいに必ず再訪してやる

と心に決め、TBSに「ももクロちゃん来てないかなこぉぉぉ~おぉ」とつぶやきながら、
赤坂の闇に消えていきました

赤坂「アリエル」で百田夏〇子に会うのも有り得る?