大森『もみ楽』 伝説のお嬢?の巻

「意表をつかれる」

て言葉は知ってましたが、体感したのは始めてでしょう
(´Д`)

店舗は一階
間口の広いガラス張りの入口
よくあるカーテン
穴開きベッド

(´Д`)

お店には小さな小さな女の子が、
チョロチョロ走り回っていました

娘さんかな?
なんとも微笑ましい
(-.-)

そんなお店

大森「もみ楽」

飲み過ぎて頭がイタかったので、エステに行ってきました

頭痛はエステに行けば治る
という概念を持ってる時点で、アタマのイタイやつですが…
(´Д`)

とにかく接骨院的な外観ですので、バキバキグイグイやってほしい

そんな気持ちで90分9.5Kのキャンペーン料金て凸です

しかし、始めに出された紙P
(´Д`)

小っ!!
(´Д`)

なぜか服を入れるカゴに、ヘルシア緑茶のCMで香川◯之が着てたような水色の服?
病院の患者さんが着るような、アレ
(´Д`)

が、置いてあるのに、この紙Pイッチョー

「あっ、いやっ、あの…」

本気で驚くと声が出ないんですな
(´Д`)

さっそくお着替えしますが、小さな子どもちゃんや奥に見えた台所などを見ちゃうと、
親戚の家に遊びに来て、全ラーになる感じ

恥ずかしいような
遠慮しちゃうような
「なんだよ、親戚なんだから遠慮すんなよ」
と言われた時のような…
(´Д`)

とにかく、超健全?
でも微妙ーな、不思議ーな気持ちのままうつ伏せーナ
(´Д`)

マッサは確かな技術ですな
(´Д`)

施術服などなく、ハイネックのシャツに
なんかエプロン?ぽい服?
エロさゼロの服
接骨院的な風景
生活感のある台所
小さな子どもの気配

なのに僕だけ、T紙Pイッチョー

絶妙なハズかしめに、若干コカンがドカン

OK2からケツメドからのコマネチは絶妙

というより最高
(´Д`)

このママさん
絶対にただ者ではない
(´Д`)

180%ただ者ではない

男の気持ちをよーーーく知っている

いまはこんなにアットホームなマッサージ店を営んでますが、
実は昔、伝説のお嬢だったのでは?

僕の自信が確信に変わったのは、仰向けコールセンターの数分後でした
(´Д`)

………

こんな?
きわきわ…
こんな?
あ…
こんな?
尖閣諸島?
こんな?
なんか大…?
こんな?
きわきわ…
こんな?

………

レンジでチンしたタオルで拭き取り、お一人ワーシャーを浴びて終了
(´Д`)

途中、寒くなってきたので、ヒーターをつけてもらいましたね

受付で温かいお茶を頂き帰路へ
(´Д`)

まさかの場所のまさかのお店のまさかのT紙P

健全店ではありますが、予想以上のギャップの激しい展開に、脳ミソがしばらくボーっと
(´Д`)

なぜか、体育倉庫イチャイチャするようなシチュエーションのエロアニメを
考えながら、遠い故郷を思い出しました
(´Д`)

大森「もみ楽」でお気楽極楽

大森『もみ楽』 伝説のお嬢?の巻」への8件のコメント

  1. >脳内リフレ?コットン広報 美月りなさん
    お尻の部分に穴ではなく、頭部分ですね
    そこに顔を突っ込む感じで施術です
    (´Д`)
    なかなかアットホームでしたよ

  2. >(近所のおばぁちゃん)オイラ虹色wさん
    なかなかのキワキワマッサでした
    ( ̄* ̄ )
    まさかの場所であそこまでのキワキワを披露されるとは思わなかったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。