十条『つばめ』

相変わらず、フラフラとぶらり途中下車
(´Д`)

十条は、昨年の夏以来ですかね

確か、前は違う店名だったと記憶してます

十条「つばめ」

階段を上がると、OK2のようなOPIを盛り盛りプルプルさせながら、
夏木マリとゴムマリを、足して2で割った感じのママさんがお出迎え

ホームページを観ながら

「これ、わたしよ」

と、何年前に撮ったんだろう?
という画像を、自慢気に見せてくれました

画像とはだいぶ違いますが、
これほどの巨NEWを見せられては
(´Д`)

ということで、即、ママさんを指名

が、
「わたしはダメなのヨォ~~」

と、抱きつかれながら断られてしまいました
(´Д`)

「新人の女の子が入ったからサァ~~」

「でも、ママがいいなー」
とOPIをポヨポヨしますが、

「受付やらないといけないからサァ~~」

と、今度は抱きつかれたあと、ホッペにチューされました
(´Д`)

仕方なく、90分10Kの限定キャンペーンをお支払い、新人ちゃんで凸

「いらさませぇ~」
と、ご対面

石垣島出身の直ちゃんに似てる
(´Д`)

「直ちゃんに似てるね」
て言うと

「誰ですカー?」
て、当たり前の答えが返ってきました
(´Д`)

赤い電気のお部屋で、ガン見されながらマッパGoGo!

ちょっと、加トちゃんの気分ですな

601b60d4.jpg

お一人ワーシャーでうつ伏せーナ

そういえば、フキフキしてたバスタオルがいい香りで、
フキ心地も最高に気持ち良かったス

こういうところって、ポイントアップしますね

さすが、巨NEWママゴン
(´Д`)

T紙Pを装着して、お部屋へ戻りうつ伏せーナ

新人の直ちゃんのマッサは、力強いマッサで、
強モミ派の僕はひと安心

オイルも無香料を選んでヌリヌリスリスリ

赤いお部屋でスリスリヌリヌリ

「体カッタイネー」
て、直ちゃん子ちゃん

「どこ行っても言われるよー」
と答えながら、目の前にあるティッシュの箱を見つけ、ニヤニヤ

しかし、ワンワンになるようなきわどさはなく、
蒸しタオルでフキフキされて、仰向けコールセンター

仰向けーナになると、足を中心にモミモミ

オイリーナを手につけ、ジワジワと本丸に近づいてくる
(´Д`)

ついに上陸かい?

と、T紙Pを尖閣諸島みたいな形にして、直ちゃん子ちゃんのお手手の上陸を
いまかいまかと待ってます

コマネチラインをスリスリしてくると、小指ーナがカスリんぐ

佐尾様の付け根から、コマネチラインをスリスリヌリヌリ

小さいT紙Pからはみ出てしまいそうになるので、
自らオープン・ザ・オパンティ
(´Д`)

尖閣諸島の中身を出し、開放感でいっぱいの歌麿様
(´Д`)

子どもを連れて、泊まりで実家に帰った奥さんを見送るお父さんのような、この開放感

さぁ、いっぱいOPI、羽を伸ばすぞぉ~
(´Д`)

と、その時
園長先生コール
(´Д`)

まさかまさか
十条での不発弾
(´Д`)

でも、時間いっぱい歌麿様をイジリー岡岡してくれました

また今日も貯玉

帰りは、巨NEWのママちゃんからポイントカードを頂き、
「今度はママちゃんでお願い」

と、ささやいて階段を降りていきました

次は必ず、ママちゃんで入れる時間に再訪ス

あの、巨NEWを見逃すわけにはいかないです
(´Д`)

十条「つばめ」で巨NEWとたわむれようとしましたが、つばめ返しを喰らいました編

十条『つばめ』」への10件のコメント

  1. >(近所のおばぁちゃん)じゃけー虹色wさん
    ここでも貯玉でした
    ( ̄* ̄ )
    新人ちゃんだったので、不安ではありましたが…
    今度は必ずママで凸します!

  2. >あごひげ番長さん
    ひげさんのレポを見て気になってました
    ( ̄▽ ̄)
    北区もなかなかかもって思ってきましたよ
    ニヤリなことしたいです♪
    次の次ですか!
    どんどん出してください

  3. お疲れ様です
    ついに来ましたか(笑)
    (゚∀゚)ニヤニヤ…
    このママ面白いですよね
    自分の時は
    ( ̄ー ̄)ニヤリッで
    スッキリ帰宅しましたよ
    …次回ファイトです
    あっ!歌さん!
    今度次の次のレポあたり
    で歌さん出てきます
    ( ̄ー ̄)ニヤリッ

  4. 巨NEWママちゃんってサラリとかわすのが
    うまいような気がしますね。
    自分もそんな事がありました。
    次回の巨NEWママちゃんの記事に期待してま~す

  5. 尖閣諸島上陸でまさかの園長先生は想定外でしたね~(^^)何かと噂の十条ですから再訪の際はまた是非記事をお願い致します。

ゴンザレス歌麿 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。