赤羽メンズエステ『アロマバルス』天空の城では、クッパ大王とピーチ姫がラピュタのDVDを観てるとかいないとか的なお話

同志から情報をいただき、参上仕りました

 

セラピスト一覧を見るとなかなかいい

 

熟系メンエスか

 

ERフェロモンがスマホから溢れ出している

 

僕の化阪神に赤い羽根が生えそうだ

 

コ・カーンを膨らませながら最強線に乗り込み、チ・カーンに間違われないように赤羽駅に降り立ちました

赤羽「アロマバルス」

マンソンまで案内され、そのまま凸乳すると大きなOPIのセラピさんが笑顔でお出迎え

 

ほー

 

想像よりだいぶ若い

 

ホームページの年齢はほぼ信じていないし、プラス5才〜10才など当たり前だろう

 

しかしこのセラピさんは実年齢のようだ

 

トリガラおばはんか巨漢を覚悟していたので、宝クジの5,000円に当たった嬉しさだ

 

「寒いですねぇ」

 

ほんわかした雰囲気と色白のプリプリお肌

 

そして、ボインボインの胸元に期待値が高まる

 

90分14K

 

広いお部屋で服をヌギヌギし、タオルを巻いてバスルームへ

 

水圧の強いシャワーを2秒浴び、お部屋に戻った

 

「早いですねぇ」

 

ちっちゃいT紙Pを装着すると、歌麿様がキレイに収まる

 

ハミ出したい

 

T紙Pから片玉ポロリサービスでもしようか

 

「ダメですよぉ」

 

お目目をクリクリさせたセラピさんに止められたので、大人しくうつぶせになりました

 

全身にタオルを乗せてのほぐしからスタート

 

どこのお店もだいたいここから開始されるので、書いている方もほぼ同じ流れになってしまう

 

がしかし、このセラピさん

 

タオルをめくってからが面白い

 

ジョー阪神にかけてあるタオルをめくり、紙Pの中へ押しこむ

 

少々ズリおろされた紙PからOK2が半分出た

 

正直なところ、全部ズリおろしてほしかったですが、仕方ありませんな

 

ジョー阪神からのオイリーナでマッサを味わう

 

ホットカーペットによる下からの温かさと、ホットオイルと間違えるほどの手が温かさ

 

手の温かいセラピさんとはたまに遭遇しますが、これも生まれ持った才能なのでしょう

 

寒い季節なので助かりまする

 

脚側に移動し、片脚ずつオイリーナ

 

右脚のふくらはぎからヒザ裏

 

からのフトモーモー

 

オーマーターへの切り込みは弱目だ

 

まだ機が熟していないのだろう

 

そして左脚

 

ふくらはぎからヒザ裏

 

フトモーモー

 

切り込み……

 

か、か、か、か、

 

「カモーン! 」

 

やはり弱目

 

がしかし

 

「でわぁ、もう少し脚を開いてくださぁい」

 

ふむふむ

 

逆Aスタイルか

 

うつぶせでの御開帳だと、K2メド黄門ちゃまが丸見えだろう

 

K2毛はハミ出してないだろうか

 

ウンコを拭いた時のチリ紙はついてないだろうか

 

元気でいるか

 

街には慣れたか

 

友達できたか

 

寂しかないか

 

お金はあるか

 

今度いつ帰る

 

さだまさしの案山子を歌ってしまう

 

紙PのゴムしかないK2メド周りを、ネコのツメ研ぎのようにカリカリカリカリ

 

おぉ……

 

カリカリカリカリ

 

おぉ……

 

紙Pにしっかり収まっていた歌麿様がカリカリに気づく

 

冬眠中のケダモノに血液が集まり始めたので、腰をカクカクしてみた

 

「おふっ、おふっ」

 

「気持ちいいですかぁ? 」

 

カリカリカリカリ

 

「おふっ、おふっ」

 

「うふふ」

 

おねんどお姉さんのようなお上品な微笑みの後、優しく仰向けコール

 

久方ぶりに見るOPIはやはり大きい

 

プロフィールではFカポーだが、GカポーやHカポーで納得できるレベル

 

以前、巨NEWツアーを敢行した時、GカポーやらHカポーを指名し続けましたが、その時のセラピさんを思い出す

 

みんなこのレベルだった

 

「Gカポーでもええでないかい」

 

「いやいや、そんなにないですから」

 

あくまでサバは読まないようだ

 

なかなか良いではないか

 

ホームページを見る限り、サバ読んでいるセラピさんは多そうだが……

プルプル揺れる白くて大きなOPIをガン見しながら、オイリーナ

 

定番のデコルテからのOPIスタンプはないらしい

 

少々残念だが、片脚ずつのオイリーナからのカエル脚で温かいお手手をコ・カーン本丸に念力で引き寄せる

 

もっとこっち

 

もっと……

 

もうちょい……

 

違っ!

 

もっとこっち……

 

ちょい

 

ちょい

 

Oh……

 

カエル脚からAスタイルになり、真ん中に陣取る

 

紙Pの上からチロチロカリカリしてくれる

 

時折、ゴムの隙間から指指様が入り込む

 

YES!

 

入りコームー

 

MORE!

 

入りコーームーームーー

 

MORE!

 

YES!

 

MORE!

 

しっかり収まっている歌麿様がお手手に呼びかけてる

 

こっちこっち

 

こっちだよー

 

クッパ大王に囚われたピーチ姫の気分だ

 

クッパ大王をかいくぐって、斧で吊り橋を落とすように、紙Pをかいくぐって助けてほしい

 

ここから出してー

 

ピーチ麿姫が助けを呼ぶ

 

そういえば、クッパ大王の吊り橋を落とした後、マリオとピーチ姫はどこから出たのでしょう

 

この素朴な疑問は小学生の頃、全く気づきませんでした

 

頭突きをやり続けて、ブロックを壊して出たのか?

 

そんなことしたら、外に出る前に脳しんとうを起こして気絶してしまう

 

ケータイもない時代だし、公衆電話も見かけなかったので救急車も呼べない

 

コンビニもスーパーもないので餓死してしまう

 

「助けてください」

 

「はい?  」

 

「マリオが脳しんとうを起こしたり……」

 

「はい?  」

 

「僕のピーチ姫がこんなになっちゃったりで……」

 

「お疲れ様でしたぁ」

 

「マンマミーーーーーーーア!」

maxresdefault

半BKの歌麿様にキノコのペイントをし、そのまま最強線に乗り込みました

 

これはキノコです、という顔をしていると、クッパ大王のような人に肩をポンポンと叩かれました

 

赤羽メンズエステ「アロマバルス」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。