水道橋アジアンエステ『ラベンダー』クオリティー、ミルクティー、ウォーレン・クロマティティーでバンザイ三唱ティー

東京コ○ドームから南へテクテク歩く

 

サラリーマンや学生がわんさか歩くこの通り沿いに、怪しく光る看板は昔から鎮座している

 

誰もが一度は目にしているだろう

 

お店の名前は何度か変わってるが、そんなこと気にならない

 

気になるのは、怪しいか怪しくないか

 

気持ちいいか気持ちよくないか、だ

 

昔はモロ、韓国エステだった気がするが今は大人しめのアジアンエステって感じ

 

何度か凸乳したことはあるが、受付のおばちゃんと話して退散した記憶しか残ってない

 

しかし、今回は凸乳してみた

 

ビコーズなぜなら……

水道橋「ラベンダー」

ERベーターを上がりピンポンを押すと、モリモリOPIの受付嬢がドアを開けてくれる

 

クリクリお目目の可愛らしいお顔で、キャミからこぼれ落ちそうなOPIをプルプルさせている

 

素敵なOPIをガン見

 

帰る理由がとりあえずなくなった

 

チャイエスの場合、受付にきた女の子がそのまま担当というパターンが多い

 

念のため聞いてみる

 

「お姉さんが担当?」

「わたしはこの後、予約があるよヨー」

 

Oh……

 

「でも、人気ナンバー1の女の子があいてるヨー」

 

ほー

 

当たり前のことだが、チャイエスの人気ナンバー1やら、可愛い子いるヨー、は信用ならない

 

その場でホームページの写真を確認する

 

受付嬢ほどの巨NEWではないが、なかなかのもんだ

 

まぁいいか

 

80分10K

 

「Hちゃんデース」

「こんにちワー」

 

ほーほー

 

バブル期の田中美奈子風のH嬢は、なかなかいいスタイルをしている

 

化粧の仕方がバブルっぽいのだろう

 

真っ赤なリップがそう思わせているだけなのかも

 

さっきまでガン見しまくっていた受付嬢ほどではないが、艶っぽい美NEW

 

まぁまぁッスね

 

「では、戦隊行きまショ」

 

お店の造りがベテランなので、懐かしさすら感じる

 

僕が水道橋をウロウロしている時からあったお店

 

クロマティがジャイアンツにいた頃からあったかもしれない

 

アカスリ台にうつぶせーナになると、隣に誰か入ってきた

 

先ほどの受付嬢とそのお客のようだ

 

この戦隊ルーム、扉が2つあると思ったら、中ではカーテン仕切りなだけ

 

1枚のカーテンを隔てて、全ラーのおっさん2人が戦隊を受けている

 

ウケる

 

お互い気を使いまくって、セラピストと話もしない

 

無言のままアワアワを伸ばすネチャネチャという音のみがしている

 

仰向けになっても同じ

 

静かな時間が過ぎ去ろうとしているが、化阪神のアワアワにはしっかりと反応し、完全FBKになる

 

隣の同志もFBKなのか?

 

気になる

 

あの巨NEWにスリスリされればFBKするに違いない

 

あぁ…

 

プルプルOPIを眺めたかったな……

キレイにアワアワを流し、お部屋へ戻る

 

お部屋も薄い壁1枚だけだが、これはよくあることなので同志ともにセラピストと話しを始めた

 

もう気にせず、ERマッサを堪能しよう

 

足つきベッドにうつぶせーナ

 

韓国エステでは定番の穴開きベッドも久々な感じ

 

タオルをかけて、しっかりとほぐしてくれる

 

背骨の横のコッている部分を右側にまわり、上から下へとマッサしマッサ

 

ひと通り終えると左側へまわり、上から下へとマッサしマッサ

 

「力は大丈夫?  」

と聞いてくるが、強揉み派の僕にはちょうどええ

 

首をしっかりほぐし、ケンコー骨まわりも骨をはがすようにほぐしてくれる

 

素直に気持ちいい

 

チャイエスや韓国エステは全体的に強揉みで、マッサの上手い子が多いが、比較的韓国エステの子は完璧に近いくらい上手い子が多い

 

チャイエスに行くと、たまにだが、片手でスリスリしてるセラピストがいる

 

スマホ片手にオイリーナしてるのだろう

 

マッサレベルが高いと、その後のお祭りが数倍楽しむことができる

 

リンパを流して、気分を高揚させて、ズンチャカボンチャカなのだ

 

ほぐしをひと通り終え、オイリーナマッサへ

 

戦隊で長い時間を使ったので、割りと早い展開だ

 

OK2付近のみのオイリーナだが、モーマンタイ

 

後ろからくる柔らかいお手手はお祭りの合図

 

ジョジョに腰を浮かせ、歌麿様に自由を与える

 

満足件数何千本なのかは知らないが、とにかく慣れている

 

オトコ心と助平心を鷲掴みの鷹掴み

 

そのまま仰向けコールで、バブリーH嬢と数分ぶりにご対面した

 

上を向いた歌麿様は、サタデーナイトフィーバーのトラボルタのように天を指差している

 

施術台がお立ち台に思えてきた

 

バブリーH嬢が田中美奈子に見えたその時、このお店の地価が高騰するのだろう

 

「坪いくら?  」

「はい?  」

 

それと同時に、歌麿様の地価も高騰する

 

上がってる

 

どんどん上がってる

 

笑いが止まらなくなるくらい、お玉袋から株価が上昇してくる

 

バブルを知っているおじさんたちがよく言っていた

 

「あの頃の見積りは何でも通ったよ」

 

戦隊ルームのアワアワのように膨らみまくった僕の地価と株価は、バブリーH嬢の手腕によって最高水準を記録した

 

きっと今が1番上がってるはずだ

 

いや、待てよ

 

まだまだ

 

イケる

 

まだまだイケるぞ!

 

バブルは永遠だ!

 

まだまだ上がるぞ!!

 

バブルは~

 

まだまだ続くぞー!!

 

ウッシャッシャッシャッーーーー!!!!

 

あ…

 

「バイバイバブリーーーーーーーー!!」

 

o0468031513455491949

 

高騰しまくった歌麿様は、嘘のように下降していき、見る影もないくらいしぼんでいる

 

またバブルになってほしい

 

あのお祭り気分を1度でいいから体験してみたい

 

そして、クロマティのようにバンザイしたいものだ

 

水道橋 アジアンエステ「ラベンダー」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。