神田マッサージ『お姉さまのエステ ラブクリニック』ホワイトベリーがホワイトブリザードを歌ったので、僕は白い恋人を食べながら白々しく自〇行為しました

最近のメンエス出店がラッシュ過ぎて笑ってしまいます

 

メンエスって、そんなに儲かるのでしょうか

 

新しく出店するお店は、今までにないコンセプトを考えてオープンすることが多く、ホームページをみると凝った内容が書かれていることが多いです

 

興味をそそるので、ついつい行ってしまいますが、だいたい同じ内容だったりします

 

今回のラブクリニックは時間で女の子が入れ替わるシステムらしい

 

ラブプラスを思い出しますが、そこにプラスαがあるかもしれない

 

というわけで、ホームグラウンドの神田駅に降り立ちました

神田「ラブクリニック」

お姉さまエステってことは、30代?  40代?  ってこと?

 

まぁ、若い女の子より気楽に受けられる

 

お電話をし時間を確認する

 

1時間後なら大丈夫ということ

 

チャイエスならいきなり行っても大丈夫ですが、撫子エステは基本的に時間を確認した方がいいっすね

 

西口から近い昔からあるビルヂング

 

6階まで上がると目の前にいきなりカーテンが広がっていた

 

1,000円カットのQBハウスのような小さいイスに座っていると、中から男性が現れコースを選び料金を支払う

 

70分8Kの花びら2回転のプラン

 

しばらく待機し、カーテンの中へ案内されると、ロッカー室へ通されここで着替えるようにとのこと

 

着替えが終わると受付とつながっているインターホンみたいな受話器を取り、プルルと大きな音で連絡すると男性が迎えにきてくれた

 

そして、こちらへどうぞと促されシャワールームまで案内される

 

シャワーが終わったら、またインターホンで呼び出すようだ

 

初めてのことなので、ここまでの流れが新鮮で真新しい

 

4種類の紙Pから選べる

 

当然のようにT紙Pを選び、装着後タオルを巻いて再びインターホンを取ると男性が迎えにきた

 

こちらへどうぞと、やっと部屋に案内してくれる

 

部屋は、このビルにあるレンタルルームのような造り

 

まさにマッサをするためだけに造られたお部屋ですな

 

「こんにちわぁ」

 

1人目はERオーラムンムンのM嬢

 

ERい家庭教師のような雰囲気のベテランさんだ

 

「どこを重点的にやりましょうか?  それともセオリー通りにやりましょうか?  」

 

「ティンポ中心で!  」

 

と言えない小心者

 

ホントは全部ソケイでいいのだが

 

「腰がいいかな」と普通の返答をしてしまった

 

なんてこった

 

30分交代なので、基本的に時間がない

 

肩、背中などはせず、紙Pを少しズラし丁寧にオイリーナしてくれた

 

OK2をグニグニコネコネ

 

そば粉をこねるようにグニグニコネコネ

 

ウラモーモーもオイリーナでスリスリヌリヌリ

 

OK2までスリスリヌリヌリ

 

ウラ玉袋までスリスリヌリヌリしてくれるのは、さすがっす

 

腰の横の変なツボらしきところもマッサしてくれる

 

初めてマッサされた部分なので、ウヒウヒとなった

 

「この部分は初めてだよ」

 

「腰が悪い方はこの辺りもやらないといけないんですよ」

 

さすがはお姉さまエステ

 

心得ている

 

すると、部屋内のインターホンが鳴りワンコールで切れた

 

「あ、お時間ですねぇ」

 

ほー

早い

 

30分とはあっという間だ

 

「では、次のセラピストがきますので、お待ちくださいね」

 

この待ち時間はカウントされないらしい

 

そりゃそうだ

 

待つこと5分

 

「お待たせしました」

 

またベテランらしきセラピさんが入ってきた

 

「どこを重点的にやりましょうか?  」

 

1人目と同じ質問がきた

 

「では……」

 

「はい」

 

「ティンポ!!」

 

「申し訳ございません……」

 

「ティンポ!!」

 

「そのようなことは……」

 

「ティンポ!!」

 

「ソケイ部やりますね~」

 

イタズラ坊主をあやすように、仰向けになる

 

話をしてみると、どうやら元看護師様らしい

 

あー

どうりで

 

白いナース服がしっくりきているセラピちゃんは、オイルを手からヒジまでつけ、T紙Pのスキマからスイッチを入れてくれる

 

いわゆるひとつのスキマスイッチだ

 

お手手からロングストロークでヒジまで使う

 

当然、歌麿様にカスリーナ&モロリーナだ

 

しかもテキパキしている

 

入院中のおじいちゃんのカラダを丁寧に拭くように、テキパキオイリーナしてくれる

 

しかも、カスリーナとモロリーナの混合技に完全FBKだ

 

紙Pのゴムが切れちゃいそうだよー

 

余裕ではみ出す歌麿様

 

天井を向いた歌麿様は、ジョイスティックのように前後左右にギュインギュイン動く

 

これがスターフォースなら、一機もやられず最終面までいきそうだ

 

高橋名人に教えてあげたい

 

「16連射もお願いします」

 

「はい?  」

 

お姉さまエステティシャンには通じなかった

 

「16連射……」

 

自ら連射しようとしたが

 

「ダメですよぉ」

 

と即刻、制されてしまった

 

「16連射したい……」

 

「ダメ」

 

「16連射……」

 

「ダメ」

 

「16……」

 

プルルルルルルル……

 

終了のインターホンがお部屋に鳴り響く

 

僕の欲ボーは、ここで終了した

 

「では、シャワーどうぞぉ」

 

シャワーまで案内され、ちゃっちゃと浴び、またインターホンで呼ぶと、受付の男性が再登場した

 

あー

ホントに終わりなんだ……

P1020207_ks

 

寂しさをかかえながら、先ほどのロッカー室に案内され、帰り支度をする

 

終始白い世界を満喫しながら、白いモノが出せず悶々しながらERベーターを降りました< /p>

次は期待できる

 

そう信じながら、神田の闇に消えていきました

 

神田 メンズエステ「ラブクリニック」はこちら

 

 

↓よろしければポチっと押してください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
メンズエステブログがズラリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。