蒲田 『テラピー』元ホームグランドのこの街の景色は、いつまでも変わらずにいてほしい

お電話すると

「あーい、あーい、空いてるヨー、ダイジョブヨー」

と熟姐が対応してくれた

 

「OPI大きいコいる?  」

「あーい、あーい、いるヨー、いるヨー」

 

半信半疑のまま、お正月準備が忙しい蒲田の街をテクテクと歩きました

蒲田「テラピー」

見慣れたビルのERベーターを上がり、受付の熟姐に70分12Kを支払う

 

「あーい、あーい、寒いネー」

 

店名は変わってもこのお店は元気のようだ

 

「Yちゃーんでーす、あーい、どーぞー」

 

この口調を聞いてると、どうしてもとんねるずを思い出してしまう

1

短めのカーテンをくぐると、お目目のクリクリしたOPIの大きいY嬢が、ニコニコしながら待っていた

 

ヨカですな

 

当たりッスね

 

さすがッスね

 

「じゃあ、服脱いでキチョーヒンもここに入れてねー」

 

ヌギヌギしながら、赤いキチョーヒン袋にサイフを入れた

 

以前はメンドくさがって「いーよいーよ」と断っていたが、ママさんから言われているらしい

 

まだ混んでいないアカスリルームに移動し、うつぶせーナ

 

先客がいたのでアカスリルームはまだ暖かい

 

同志もここで、ひとBKさせたのだろう

 

「サッパリするでショー」

 

可愛い声で話しかけながら、アワアワのボデーウォッシュ

 

OK2のワーレメーも丁寧にゆっくりアワアワしてくれる

 

ナイステキニッキ

 

まだ入店して1ヶ月らしいが、アワアワセンスがいいのだろう

 

仰向けになっても丁寧なアワアワウォッシュは続き、ゆっくりと歌麿様を包んでくれる

 

先客の同志と同じく、僕もひとBKさせてお部屋に戻ることにした

 

よくある穴開きベットにうつぶせになり、Y嬢を待った

 

70分コースだったのでいきなり蒸しタオルで包みこみ、その上にカバーをかけてくれる

 

寒い時期の蒸しタオルはほっとするッスね

 

カラダの芯まで温めてくれそうだ

 

「乗るヨー」

 

また可愛い声で話しかけてくれる

 

なんかいい

 

「Yちゃん、人気あるでしょう?  」

 

「普通ダヨー」

 

うーん、謙虚

 

やはりヨカですな

 

ゆっくり乗るとちょうどいい重さの足踏みが開始

 

親指をグッと入れ込み、背中をボキボキさせる

 

わかってるね

 

これが気持ちいいのだ

 

ホイル焼きのような状態で背中から腰へおりていき、太ももの裏からふくらはぎも丁寧に圧をかけてくれる

 

足踏みをやるために調整したような、ちょうどいい重さ

 

太り過ぎたら減量でもしてるのか?

 

それとも、ある一定ラインの体重を越えると自由契約なのか?

 

プレイヤーたちも過酷だ

 

さて

 

ほんのり汗ばんだところでシートを剥がされ、軽く指圧し仰向けコール

 

「ちょとまてネー」的なツイートをしてお部屋を出ていった

 

今日の蒲田は冷たい風が吹いている

 

ボクシング漫画の「はじめの一歩」で描かれていたが、カラダがヒートアップした時はイチモーツを冷やすのが一番のようだ

 

さっきまで冷やしまくっていた僕の歌麿様は、氷山のようにカチコチに凍っている

 

嬬恋村のキャベツのように、寒さに耐えながら甘みを蓄えている

 

この甘みは、欲ボーという名のエレクトリックサンダー

 

デンプシーロールをはじめた歌麿様は、練乳のやうな甘みをどんどん蓄える

 

水道橋駅でARASHIファンにもみくちゃにされた時のような、激しいデンプシーロール

 

いったい、そのロールの芯は何でできているのか?

 

夕陽をバックに彼は言った

 

「オレたちの国境は、地平線さ」

 

「ロールキャベーーーーーーーーツ!」

 

20100708

 

駅に近づくと相変わらず、あのアナウンスが聞こえてくる

 

「スマタ~、スマタ~」

 

スマスマも、スマタスマタという番組名にしておけば、あと30年は続いたかもしれませんな

蒲田「テラピー」はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。